ここから本文です

オーディオマニアの中でケーブル肯定派(音が変わる)と否定派では、どちらが多数派...

アバター

ID非公開さん

2017/11/1514:06:13

オーディオマニアの中でケーブル肯定派(音が変わる)と否定派では、どちらが多数派ですか?

ケーブルも色々ありますので、スピーカーケーブルの場合で回答いただければ幸いです。

無論、データがある訳でも無さそうなので、推測でのご意見をいただければ幸いです。

自分の予想では、ケーブル肯定派2割:否定派8割くらいかと予想しております。

オーディオマニアの友人(コミュニティ)を作るにしても、その辺の思想を事前に知っておかないと、後々ややこしいことになるので、皆様のご意見を参考にしたいと思っての質問でございます。

決して、何十年も議論され、未だに平行線のままの論争をここで行いたい訳ではありません。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
543
回答数:
23
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kinnkannteiさん

編集あり2017/11/1515:28:17

わたし自身は、緩やかな否定派、でしょうか ^_^

アンプとスピーカーとを細いエナメル線でつなごうとは思いませんが、わたしの通常用途なら電源コードくらいのもので充分だと考えています。
なんならコタツの袋打ち電源コードがいいんじゃないか、と思うほど ^_^

ちょっと高価なスピーカーコードを奮発したこともあったのですが、わたしには電源コードとの違いはわかりませんでした。

ただ、1〜2年に一度は、線を磨いたり少し切り落として酸化してない部分につなぎなおしたりはしています。

お店にいろいろな種類のスピーカーコードがあるところを見ると、オーディオ好きの多く・・・半分くらいはケーブルで楽しんでるんじゃないか、と思っています。

ご質問から少し離れますが、ヘッドホンのリケーブルは、否定派です ^_^

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/11/1516:48:47

    なるほど、大変参考になります。

    趣味の世界ですから、効果は別にして、「見た目」「ショップとの付き合い方」など、広い意味でのファッション的な要素も合わさって来るでしょうか。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/22件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/11/1712:43:40

変わらないって幸せだな。

変わるから困るんですけど。

しかし、自分の経済力圏内でのベストと思える物を発見したので安心してます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yancha1992さん

2017/11/1709:04:28

>オーディオマニアの中でケーブル肯定派(音が変わる)と否定派では、どちらが多数派ですか?

やはり、この質問に対する直接的な回答は少ないようです。 殆ど回答者自身がどちらなのかの回答のようです。 そして既回答を見るとやはり肯定派が多数の様ですね。

私自身はオーディオマニアの世界でケーブルで音が変わると言われていることを知っていたので、ケーブルは最適な長さに切って使っていました。 しかし1m程度の長さではケーブルを変えても音の変化は殆ど分からなかったので、ケーブルに関しては無頓着でいました。 なのでAV機器を使うようになり、10m以上のケーブルを使うサラウンド用スピーカーケーブルも手元にある適当なケーブルで接続していました。

その後部屋の模様替えの際、ついでにスピーカーケーブルをカナレのケーブルに張り替えました。 それまではサラウンド用スピーカーからの音は抜けが悪くボーカルもシンバルなどの立ち上がりも悪く、所詮サラウンド用の小型スピーカーでしかないとあきらめていましたが、ケーブル交換後音出しして、ボーカルの抜けも良くなりシンバルやギターの歯切れも良くなり、まるで別物のスピーカーのように音が変わりました。

この時以降、私はケーブルで音は変わると認識しました。 しかし残念ながら私の耳では1m程度のケーブルで音の違いは認識できないことも自覚しています。

それでも、サラウンドスピーカーの音の変化が衝撃的だったので、フロントスピーカー等のケーブルも同じカナレのケーブルに張り替えました。 10mで音が変わるのであれば、1mの音の変化は認識できなくても、それは自分の聴覚の閾値の問題と考えたからです。

ケーブルの音の違いを認識できるか否かは別にして、1mで済むケーブルをわざわざ5mのケーブルで接続しているマニアは殆どいない筈です。 例え音の違いを認識できなくても、無駄な長さのケーブルを敢えて使うようなマニアがどれほどいるのでしょうか?

アナログの世界では、ケーブルでも信号劣化する考え、適切な長さのスピーカーケーブルを使っているマニアを否定するのは傲慢ではないでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2017/11/1619:13:49

私自身は、「変わる派」です。スピーカーケーブルに関して言えば、戦前のロウ引き単線を使っています。一般的に単線だと、中低域が力強くなる印象があります。

以前に使っていたベルデンのより線よりも良いとは思いますが、ハイテク素材の高級ケーブルは使ったことがありません。何でそんなに高くする(プラセボ効果を高めるため?)かと思うほど高価だし、ヘビのようにごっついと収まりが悪いし、コンパクトなシステムだと後ろに引っ張られてしまいます。

「音が変わる」ことに否定的な人も、私のように使い勝手や値段で行き当たりばったりの人も、とっかえひっかえの電線病の人も、しょせん「私はこうしています」以上のことではないと思います。ひとのやり方を否定したり、説き伏せようとするから衝突が起きてしまう。それは何もケーブルやオーディオに限らないことで、世間一般と同じことです。ただでさえ減っていく一方?のオーディオファンなのですから、「住みわけ」などお寒いことを言わないで、常識をわきまえながら楽しんでいければ良いのではないでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

e200095さん

2017/11/1614:03:52

私は否定派ですが、オーディオマニアの中でどちらが多数派かと言われれば、肯定派ではないかと思います。

普通の(マニアでない)人が拘らないところを拘るのがマニアだと思うので。

例えば車マニアに「キャブレターを少しいじったら、フケが良くなった」と言われても、マニアでない人には違いがわからないのと同じで。

その意味では私を含めて否定派はマニアではないのかもしれません。

私の場合、正確には「金額の違い程、音質に変化はない」です。100円/mと1000円/mならば安い方を選びます。価格は10倍ですが、10倍高音質になることはないと感覚的に信じているからです。実験したことがないので、感覚的と表現しています。そこに金をかけるなら、CDを買った方が良いと思うからです。そう思ってしまうところがマニアではないかなと。
ほんのわずかな違いであっても、CDよりも高い方を選ぶのがマニアがマニアたる所以かと思うのです。

ということで、マニアに限定すれば肯定派の方が多数だと思うわけです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。