ここから本文です

無期雇用転換について 閲覧いただきありがとうございます。小さな会社で総務・...

babytalk_shionさん

2017/11/1518:20:17

無期雇用転換について

閲覧いただきありがとうございます。小さな会社で総務・人事に携わっているものです。

このたび、無期転換について就業規則に追加することになり、その文面自体は問題ないと労働局の方におっしゃっていただけたのですが、
「無期労働契約へ転換したアルバイトに係る定年は、満65歳とし、定年に達した日の属する月の末日をもって退職とする」という一文があるのですでに65歳以上の人は5年以上契約していても無期雇用転換はできないという認識であっていますか?
また、現在63歳(2018年1月で64歳)で、すでに5年以上契約しているアルバイトの方がいらっしゃるのですが、もしこの方を無期雇用にするつもりがなければ次回更新(2018年4月)の際に雇止めとなる旨の記載が契約書に必要になりますか?できればこの方には無期雇用ではなく1年ごとの有期雇用という形でなら長く働いていただきたいと思っているのですが…。

第二種計画認定・変更申請はする予定なのですが、これは定年後の話なので上記の話は関係ないでしょうか。

ちなみに当社は社員には定年がありますがアルバイトの定年については定めておりません。

長々と申し訳ございませんがお力添えいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

閲覧数:
95
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pptrwqさん

2017/11/1521:21:27

> 「無期労働契約へ転換したアルバイトに係る定年は、満65歳とし、定年に達した日の属する月の末日をもって退職とする」という一文があるのですでに65歳以上の人は5年以上契約していても無期雇用転換はできないという認識であっていますか?

いいえ、有期アルバイトで雇い入れた人に、65歳定年が適用されるのは、無期転換しその有期の最終日の翌日がまだ64歳の人(A)です。翌日すでに65歳に達している人(B)には、第2定年の定め等なければ、定年の定めのない雇用となります。

第2種計画の対象になるのは、正社員のほか、(A)の人です。(B)にも適用したければ、第2定年をお定めになり、その後の有期雇用に対して効き目があります。

> また、現在63歳(2018年1月で64歳)で、すでに【 5年以上契約 】している…

のであれば、カウントのしかたにもよりますが2018/3で雇用を打ち切らないと。ただし打ち切ることで労働契約法19条で解雇同等と民事裁判に引き出され大やけどするリスクは、御社が判断の上かぶってください。

2018/4からの有期契約は、無期宣言できる権利が発生し、労働者の宣言そのものが使用者無期雇用受諾とみなす法構成です。盛り込む雇止め予告など無意味です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shimazo3さん

2017/11/1519:26:10

こんばんは
就業規則に「65歳以上契約社員として再雇用制度あり」と記載すればいいのでは

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。