ここから本文です

インターバル走って走って歩いての繰り返しでいいんですか?

ks429646さん

2017/11/1520:05:30

インターバル走って走って歩いての繰り返しでいいんですか?

閲覧数:
37
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

qton80さん

2017/11/1617:01:37

走って歩いての繰り返しでも良いですし、

走って、軽いジョグの繰り返しでも良いです。


ただ、歩かざる負えない体力の場合、

ジョギングだけに集中した方が、

体力は付きやすい傾向があります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sin358_0315さん

2017/11/1608:55:55

細かいことあるますが・・・市民ランナーはそれでOKです
体力あがれば走る距離をのばし、歩くのではなくスロージョグに!

2017/11/1520:23:32

インターバル走の正しい練習方法
1、種目に応じて走る距離を調整
インターバル走は、種目に応じて走る距離が変わります。800mや1500mのような中距離の場合は300mや400mといった短い距離を走るショートインターバルが基本です。
一方、5000mや10000mといった長距離では1000mのロングインターバルが基本になります。マラソンも同様に1000mのロングインターバルが基本的な練習方法になります。


2、80%の力で走り200mのジョグでつなぐ
インターバルは疾走と緩走の繰り返しです。1000mのインターバル走を行う場合、1000mを80%の力で走り、200mをジョグでつなぐといった練習が一般的です。マラソンや長距離の練習では1000mを200mのジョグでつなぐインターバル走を取り入れると良いでしょう。
インターバルは緩急をつけることが大切です。それによって循環器系に負荷をかけ心肺機能を高めることが出来ます。1000mは80%の力で走り心拍数を上げ、200mのジョグでは上がった心拍数を下げるためにジョグでゆっくり走る必要があります。


3、目標達成のためにはレースペースよりも10~20秒速いペースで取り組んでみよう
インターバル走は、レースでの目標に合わせて走るペースを設定する場合も多いです。例えば、5kmを20分で走りたい場合は、インターバル走で1000m(1km)を4分40~50秒で5本走るといった練習が効果的です。もちろん間のつなぎは200mほどのジョグです。
また、フルマラソンの場合も同様に目標のレースペースよりも10~20秒ほど速いペースで取り組むと良いでしょう。目標がサブ4なら、1000mを5分20~30秒で5~10本ほど走るといった練習が効果的です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。