ここから本文です

荒村淋漓一夜雨 から始まる 良寛様の漢詩をおしまいまで教えてください 意味も教え...

bibianmonloさん

2017/11/2300:00:06

荒村淋漓一夜雨 から始まる 良寛様の漢詩をおしまいまで教えてください 意味も教えてください

この質問は、60代の男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
34
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

korishou1さん

2017/11/2615:58:10

一句落ちていた済みません。

早秋作

荒村淋漓一夜雨
今朝草堂繁暑収
窓中削玉遠山色
戸外拖練長江流
巖下清泉洗病耳
樹梢寒蝉吟素秋
預理杖錫試散歩
玆自風月正悠悠


早秋の作

荒村(こうそん)淋漓(りんり)たり 一夜の雨
今朝の草堂 繁暑(はんしょ)収まる
窓中(そうちゅう)玉(ぎょく)を削ずる 遠山(えんざん)の色
戸外(こがい)練(れん)を拖(ひ)く 長江の 流(なが)れ
巖下(がんか)の清泉(せいせん)病耳(びょうじ)を洗い
樹梢(じゅしょう)の寒蝉(かんぜん)素秋(そしゅう)に吟ず
預(あらかじめ)杖錫(じょうしゃく)を理(おさ)め試(こころみ)に散歩すれば
玆(これ)自(よ)り風月 正(まさ)に悠悠(ゆうゆう)たらん

見事な律詩です。

質問した人からのコメント

2017/11/26 22:27:08

素晴らしい解説を感謝申し上げます 
 雨上がりの朝 夏から初秋へ瞬時に変化したその時の透明な空気感 越後平野や遠い山岳の美しさ 清泉で身を清めまだ残って鳴いている蝉の声を聴きながら杖錫をついて そのあたりを散歩してみれば 良寛様が自然の悠々たる姿に感動して心を膨らませている 繁暑収まる素秋の朝の目の覚めるような世界を想像できました
 
有難うございました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。