ここから本文です

皆さんありがとうございました

アバター

ID非公開さん

2017/11/1600:38:34

皆さんありがとうございました

先日、1才になる娘がまだつかまり立ちしないと相談した者です。

その後ですが、療育センターを受診し、股関節を重点的にレントゲンや触診など色々詳しくみてもらいました。

レントゲンなどでは異常は見られず…

先生から出た言葉は
「この子は足を床につけたり、触られるのが嫌なんじゃないかな。立つ準備はとっくに出来てるよ。家でルームシューズみたいなの履かせたり、靴下履かせたりして常に足に何か触れている状態を作ってあげて」

でした。
ずっと発達の遅れなんじゃないかな。とか、筋肉の病気かなと心配していたのでホッとしたと同時に、確かにそう言われてみれば、足に限らず手を触られるのも嫌がるなーと気付かされる部分もありました。

療育センターってやっぱりすごいですね…プロだなと思いました。

同じように足や手を触れられるのが嫌で、発達が遅かったという方はいらっしゃいますか?
どのように慣らしていきましたか?

アドバイスの通り靴下を履かせてもすぐ脱いでしまいます(TT)
親の足にまたぐように座らせて、足を地面につけるようにしていても、30秒もすればかかとが浮いてきたり、足の指が浮いてきてしまいます…

他になにかアイデアがあれば参考にさせていただきたいです

閲覧数:
80
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun823146さん

2017/11/1603:40:51

先ず、「つかまり立ち」が出来る様に練習しましょう。

つかまり立ちの練習 1
練習の初めは、先ず両手でしっかりと握る事ができるかを確認します。
ママの指でもいいですし、タオルを丸めた物を握らせて、その力加減を見ます。

つかまり立ちの練習 2
次に、支えながら立たせます。
この時点では、赤ちゃんが自分でテーブルや掴まる物に両手を出す事と、確実に両足を床に着く事を体験させ認識させます。
テーブルに赤ちゃんのお腹を付けたり寄りかかったりして体重分散と安定感を維持するようにします。

テーブルには、赤ちゃんが好きなおもちゃを2~3つ用意しておくと効果的です。
ママは、赤ちゃんの腰辺りを支えつつ後ろにいて、いつ体勢を崩しても大丈夫なように備えます。
立っていても安定してきたら、テーブルに掴まって立つ事を教えていきます。

つかまり立ちの練習 3
テーブルに掴まれたら、おもちゃを赤ちゃんの左右どちらかに動かし移動させます。
同時に、赤ちゃんを支えながら一緒に移動して取る・触るように導いていきます。
この時、カニさん歩きが必要となってきます。

反射的に脚が動けば良いのですが、もし思うように動かないのであれば声をかけながら、赤ちゃんの脚に触れ一歩一歩、動かすように教えます。
足裏で、前後の体重移動が可能になれば、スムーズにできるので焦る事はないです。

つかまり立ちの練習の注意点
注意点として、手押し車やコンビカーをつかまり立ちの練習方法としては使用しない事をおすすめします。
その理由として、せっかく各機能が成長・発達しているのに、部分的にしか使わなくなる事と、本来の能力を発揮できずに、見た目でできた“何ちゃってつかまり立ちができた状態”になってしまいます。
これだと、つかまりつつ安定している為、早く効果が得られますが、赤ちゃん本来の能力と実力を無駄にしてしまう部分と、脚に大きな負担をかけてしまう事があります。

手押し車やコンビカーを使う時は、しっかりとひとり歩きができた時で、荷物を積んで移動して遊んだり、荷物を積んでいき重い物を移動したりする遊びを自らする時・したい時の方が適しています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tomo32mu828さん

2017/11/1607:09:38

心配しなくても大丈夫かと・・・
甥っ子は、1歳3ヶ月まであるきませんでした。
今はスポーツも万能ですよ!

その子のペースです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。