ここから本文です

構造設計を学んでいる者です。 概略検討とはどういう意味ですか? またこれは、...

yotchang19761008さん

2017/11/2316:00:04

構造設計を学んでいる者です。
概略検討とはどういう意味ですか?
またこれは、概略設計とは違う意味ですか?

閲覧数:
57
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mtokzak0619さん

2017/11/2412:32:55

意匠設計者からのコメントとして書きます。構造専門家からは、そりゃ違うよと言われたらゴメン。

意匠設計者が基本計画をすすめる際に、柱や梁の寸法を大まかでも把握して計画を進めるために構造事務所に大雑把なその寸法としての仮定断面を出してもらいます。

本計算すると寸法や小梁の位置などが違ってくることもありますが、意匠設計者も一級建築士でも有るので経験上は大体のサイズは掴んではいますが、総じて意匠設計者ってのはそういう構造体を小さめに考えがちです。

余談ですが、ルイス・カーンは計画段階で便所を書き忘れたり便器のサイズを小人が使うのかっていうくらいに小さく書いていたそうな。

話を戻して、実施設計段階で構造躯体寸法が予想より大きく違ったための設計変更などが起きることを避けるためにも構造事務所に仮定断面を出してもらいますが、多分そのことを指しているのじゃないかと思います。

  • 質問者

    yotchang19761008さん

    2017/11/2414:02:25

    ご返信ありがとうございます!
    なるほど、そういうことでしたか。
    大変にわかりやすいご指摘、参考にさせていただきます!!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。