ここから本文です

100Ωの抵抗にV=100√2sin100πt[v]の交流電圧を加える。(tは時刻[s])このとき交流の2...

アバター

ID非公開さん

2017/11/1918:58:21

100Ωの抵抗にV=100√2sin100πt[v]の交流電圧を加える。(tは時刻[s])このとき交流の2周期分について電力Pと時刻tとの関係を示すグラフを描け。

この問題の答えが写真の通りなんですが、なぜこうなるのかわかりません。0.02sで1周期なのに0.02s経つまでに2周期になってると思うのですが...それとPが200Wなのもよくわかりません。教えてください。

時刻,100√2sin100πt,交流電圧,グラフ,2周期,sin100,加法定理

閲覧数:
50
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

btd********さん

編集あり2017/11/1919:24:27

P=IV
だから
=√2sin100πt*100√2sin100πt
=200(sin100πt)^2
=100(1-cos200πt)

cos^2t=1-2sin2tより
☝︎加法定理から導けます

Pグラフ化したら最大は200wですよね

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる