ここから本文です

伊勢物語の小野の雪の「時は弥生のつごもりなりけり。」という一文はどのような役...

chi********さん

2017/11/2105:13:06

伊勢物語の小野の雪の「時は弥生のつごもりなりけり。」という一文はどのような役割を果たしているかという問題なんですがわかりますか?

閲覧数:
154
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

myu********さん

2017/11/2215:49:46

敢えて意味づけを考えるなら、弥生のつごもりは春の終りの日であり、惟喬親王や業平・有常らが渚の院で楽しく過した日々=惟喬親王グループの「春」の終焉を暗示しているとも取れますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる