ここから本文です

カレーうどんならぬ、カレー蕎麦ってあるのですか?

カレーうどんならぬ、カレー蕎麦ってあるのですか?

閲覧数:
119
回答数:
16

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/11/2120:10:42

有りますよ。
カレー南蛮は明治42年,大阪で「東京蕎麦」主人角田酉之助によって考案されました。翌年東京(目黒朝松庵)で売り出しましたが、あまり支持されなかったようです。(蕎麦史考180頁:新島繁著。そば・うどん百味百題61頁:日本麺類業団体連合会)
今日では,蕎麦店専門の「カレー粉」があります。
この「南蛮」は「ネギ」を表しています。ネギが「南蛮」と呼ばれるのは,江戸時代に来日した南蛮人がネギを好んで,健康保持のために食べたためといわれております。

  • 2017/11/2207:51:36

       追   記
    葱を炒めた場合は「カレー南蛮」で、生葱をそのまま添えたのは「カレー蕎麦」としてメニュウに掲げているお店もあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/11/25 19:40:29

回答ありがとうございます!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/15件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

Columboさん

2017/11/2206:20:44

カレーなんばんそば、大好物です。

zkv********さん

2017/11/2116:47:56

>カレー蕎麦ってあるのですか?

長ネギの入っていないカレーソースをかけたのが、
カレー蕎麦です。
東京にある大抵の立ち食い蕎麦屋だと、
カレー南蛮と書いてあっても長ネギの入っていないところが多く、
カレー蕎麦になります。

また、カレー南蛮の発祥は、
麻布にあった朝松屋といううどん店(現在中目黒にある)で、
明治41年のことらしく、
翌年、この店の支店が大阪に出店し、
カレー南蛮(うどん)を広めたらしい(違う説もある)。

ただ、東京はうどん文化じゃなくなって結構経っているのと
(江戸中期あたりまでは蕎麦はうどん屋で出されていたが、その後急激に蕎麦専門店が増え、江戸の町は蕎麦文化に変わっていった)、
南蛮といえば蕎麦なので、
南蛮蕎麦として広まっていったようです。

因みにカレーうどん(長ネギがないカレーソース)は
早稲田の三朝庵と言う店が最初で明治37年といわれています。
因みにここはカレー丼を発明したお店として有名。

jwy********さん

2017/11/2115:35:50

ありますよ。

kan********さん

2017/11/2114:59:28

カレー南蛮です。

dkv********さん

2017/11/2114:47:22

名称が蕎麦と言われないのですが、存在しますよ。

まいど~~♪ (´・x・` )ゝ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる