ここから本文です

消費者金融の審査で借入額を聞かれる際に、クレカのリボや銀行ローン等は含まない...

fuehbさん

2017/11/2807:37:38

消費者金融の審査で借入額を聞かれる際に、クレカのリボや銀行ローン等は含まない金額を申告してくださいと言われますが
何故それらは含まないのでしょうか?

めちゃくちゃ大事な項目だと思うんですが

僕が貸す側だったらそこを聞いて、返済能力を見極めてると思います。

閲覧数:
77
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/11/2814:54:20

厳しくし過ぎると貸せる相手がいなくなるからなw
もともと貸し出す相手によって限度額と金利でリスクヘッジしてんだよ。
で、貸した奴の人生が今後どうなっていくのかなんて関係ないw
自分の人生は自分で護るだけw

  • 2017/11/2814:58:08

    もともと貸し出す相手によって限度額と金利でリスクヘッジ

    もともと貸し出す相手によって限度額と金利に差をつけてでリスクヘッジ
    言葉抜けてたわw

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pbgqs327さん

編集あり2017/11/2815:47:58

クレジットカードのショッピング利用でのリボ払いは含みませんが、キャッシング(現金借入)のリボ払いは含みます。
銀行のカードローン(現金借入)、その他ローン、クレジットカードのショッピング、ショッピングローン等は総量規制対象外の為、含みません。
消費者金融は総量規制の対象で、年収の1/3までしか融資できない為、審査時はそれが大前提となり、本人申告と個人信用情報とを照合し、相違がないかを確認します。
また、それ以外の債務は個人信用情報で確認し、それも鑑みて審査しています。

尚、個人信用情報機関のCIC(クレジットカード、信販系)とJICC(消費者金融)は、交流ネットワークによる情報交流をしている為、どちらかの情報機関に照会をすれば、両方の詳細な情報が照会可能ですが、全銀協(銀行)は情報交流はしていますが、事故情報等の一部の情報しかしていない為、銀行ローンに関しては、全てを把握する事は出来ません。
それは現時点では総量規制対象外の為、詳細な情報の開示は不要の為だと思われます。

尚、債権者だけに義務と責任がある訳では有りませんし、債務者にも義務と責任が有ります。
審査はあくまでも審査時点の状況しか審査出来ませんから、その時点での信用しか判断は出来ません。
債権者は、その後はそれぞれの状況の変化を定期与信によって確認し、対応するしか有りませんから、それにより利用停止等の措置をします。
債務過多になり、返済不能になる方の大半は、債務者側に問題が有りますし、審査基準のハードルを上げ過ぎると融資不可能になり、現実的に商売にならないのです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nao_ai_0319さん

2017/11/2812:28:07

それは貸し手側の審査基準であり、借り手側が心配することではないと思います。
リボ、ローン返済に窮して消費者金融に返済できなくなり、破産等の手続きにより困るのは債務者ではなく債権者です。
また、消費者金融によっても異なると考えます。

yyhj15610さん

2017/11/2811:45:05

後先のことを無視する、債権者やから

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。