ここから本文です

先日、Wall Street Journalで専門家が他のストレス解消法についても話していました...

ideal_ideal0221さん

2017/11/2823:23:24

先日、Wall Street Journalで専門家が他のストレス解消法についても話していました。ストレスの要因を見極めるとか、呼吸に意識を集中するというようなよくある方法もありましたが、そのなかで

も「タッピング」という方法が面白かったのでご紹介します。

認定臨床社会福祉士のJulie Barthels氏が、タッピングのやり方を説明していました。これは「感情の解放テクニック」ともよばれているもので、やり方はいたって簡単です。

最初に、ストレスを感じていることと、そのストレスレベルを1~10の範囲で格付けして、声に出して言います。たとえば、「締切までにこの大きな仕事が終わりそうにないのがストレス」といったことを声に出すのです。

そして、ストレスを感じていることを繰り返し言いながら、頭のてっぺんのところを2本の指でトントンと叩きます。それから、同じことを言いながら、眉上、眉の下、目の下、顎、鎖骨、そして最後に胴の横のところを、同じように2本の指でトントンと叩きます。

終わったら、ストレスレベルが1から10の範囲でどれくらいかを判断します。まだ高いようであれば、ストレスレベルが1と言えるようになるまで、この一連の動作を繰り返します。

こんなんでストレスがなくなるなら、この世から
心療内科が無くなるじゃねえか。
ふざけやがって。インチキな記事を載せるな。

閲覧数:
10
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hmhmsagasoさん

編集あり2017/12/100:25:52

欧米などでは有効かもしれませんね。
日本人は働きすぎくらいが善と考えるので、その記事のような事をのんびりしていたら会社でまず怒られますね(笑)
私も外国の記事で、席でたった5分瞑想がよい、と最近読みました。
休みが取れない長時間労働、過労やうつ、自殺者が年3万人なんて国ほかにあるのかと。

京都の紅葉のお寺で座禅した方が、こんなタッピングなどより、私には
ストレスフリーになれるような気がします。
マスコミや新聞、雑誌など鵜呑みは
いけないですな。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。