トラブル解決の手段の一つに裁判(民事裁判)がありますが 裁判は本当にトラブル解決の手段になるのでしょうか? 裁判になった時点で(和解して終結ということもありますが)勝ち負けがはっき

トラブル解決の手段の一つに裁判(民事裁判)がありますが 裁判は本当にトラブル解決の手段になるのでしょうか? 裁判になった時点で(和解して終結ということもありますが)勝ち負けがはっき りしますよね? 遺恨が残ったりしないのでしょうか? そもそも、裁判は基本的には時間がかかると聞きますし 民事裁判の大半は裁判官に和解を勧められたりで黒白つけたくても着けれないことがあると聞きます もちろん、裁判のシステム自体を否定する気はありませんが 本当にトラブル解決の手段の一つとして機能しているのでしょうか?と疑問に思いました。 実務者さんなどからのご回答いただければ幸いです

法律相談30閲覧

ベストアンサー

0

裁判は間違いなくトラブル解決の手段の一つですよ。 ただ、当然万能ではなくて、遺恨が残ったりすることは大いにあります。 裁判を起こすということは、それなりの覚悟が必要です。円満に解決したい場合の手段としては不適切です。 あくまで「最終手段」といったところでしょうね。 裁判は時間がかかるというのもその通りで、そのため和解して終わること等も多く、裁判官から和解を勧められることも多々ありますが、徹底的に戦いたければそれも可能です。 和解した方が早く済みますし、そのための和解ですが、納得できなければ最後まで争うこともできます。

その他の回答(1件)

0

あなたは、勘違いしてますw 裁判は、物事を解決する場ではありません。 決着がつく場なのです。 なので思わぬ結果が出ても、従うきりないのが裁判です。 解決はしませんよね、 決着です。 解決を望むなら、本人同士の話し合いや、調停のほうがいいかな。 ただ、調停は拒否ができるし、法的拘束力はありません。 しかし、トラブルの種類によっては解決できる裁判もあるでしょうが、 基本的にトラブルで双方が満足する解決って、現実にはありませんよね。 どちらか、又は両方に不満が残るのがトラブルです。 タダ一つの方法として、自分の腹の中に飲み込み、忘れる事で、解決する方法も学ばないと、・・・・これが出来ないと世の中に生きていけませんね。w