ここから本文です

東方植民をしたことによって、15世紀以降領主権と農奴制が強化されたのはなぜです...

アバター

ID非公開さん

2017/12/910:00:17

東方植民をしたことによって、15世紀以降領主権と農奴制が強化されたのはなぜですか?

そこからプロイセンの基礎となった理由も教えて欲しいです。

閲覧数:
40
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ojy********さん

2017/12/1610:48:39

西欧社会の発展により、東欧は西欧への穀物供給地となったのじゃよ。
エルベ川以東の地域ではグーツヘルシャフト(農場領主制)が形成され、領主直営地が拡大し農奴の賦役による穀物増産がなされていったのじゃよ。
農民が隷属的な労働形態を強いられる再版農奴制が展開されたのじゃよ。

東方植民はバルト海沿岸地域への入植により形成されたドイツ騎士団領じゃよ。
これがプロイセンの起源となったのじゃよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる