ここから本文です

よくアニメなどで剣士が刀を手入れしてる際、綿?梵天のようなもので刃先をポンポ...

soc********さん

2017/12/313:10:46

よくアニメなどで剣士が刀を手入れしてる際、綿?梵天のようなもので刃先をポンポンしてますがなんの意味があるのですか?

閲覧数:
56
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pmm********さん

2017/12/923:27:30

昔の油は植物性ですから酸化しちゃうわけで
刀を拭き打ち粉(砥石の粉)で磨いて
また油を塗る作業があったのです。

私は面倒なんで市販の合成油をスプレーして終わりです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sir********さん

2017/12/315:01:24

あれ、描写がおかしいんですよなぁ……。

下の方の書かれているように、打粉という砥石の粉を布でくるんだものですが、布でくるんでるんだから、ツルッとしてます。
てるてる坊主の頭を思い浮かべて下さい、あんな感じになってます。
とりあえず、ふわふわはしてないです。

ga0********さん

2017/12/313:24:18

古くなった錆び止めの油を取り除く作業。
打ち粉と呼ばれる砥石の粉末を刀身にまぶして、
油を拭い取った後、新しく塗り直す。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる