ここから本文です

東映特撮の「ジャイアントロボ」に関するトリビアをお願いいたします。

アバター

ID非公開さん

2017/12/315:08:16

東映特撮の「ジャイアントロボ」に関するトリビアをお願いいたします。

閲覧数:
157
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hur********さん

2017/12/319:18:46

◎第1話にて、大作の視線でロボを足元から見上げていくシーン。
顔のアップでAパート終了。
CMが終わり、再度、同じシーンが映ります。
山田 稔監督の演出であるこのシーンに、平山 亨先生は感動したそうです。
子供たちの「もう一度見たい!」という思いを、分かってるなぁ、と。

◎BF団の幹部を演じた人々の顔ぶれがスゴい!
スパイダー=丹羽又三郎。
ブラックダイヤ=室田日出男。
レッドコブラ=三重街恒ニ。
ドクトル・オーヴァ=安藤三男。
プロフェッサー=相馬剛三。
ドクタースネーク=加地健太郎。
ドラキュラン=奥村公延。
テロマン=小林稔侍。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

the********さん

2017/12/701:25:56

・主人公、草間大作の相棒的存在である南十郎は伊東昭夫氏が演じたが、当初は「キャプテンウルトラ」のキケロ星人ジョーに続いて小林稔侍氏が演じる予定だった。

・第3話及び第17話に登場した宇宙植物サタンローズの声は、「悪魔くん」の山彦妖怪の声をアレンジしたもの。

・プラモデルは、キャラクターものを扱うのは珍しいクラウンから、ジャイアントロボとGR2の二点が発売。どちらも原作漫画に準じたデザインで、ゼンマイで歩行するギミックが付いていた。
何度か再販されており、ガンプラの大ヒットによるキャラクタープラモの全盛期に販売された際には「1/200」というスケール表記がなされていた。

・アメリカで放送された際のタイトルは、「ジョニー ソッコー アンド ヒズ フライング ロボット」。主人公の名前が欧米風の「ジョニー・ソッコー」に変えられているところがお国柄を表している?

・経費節約のために怪獣の再登場が多い本作だが、アイスラーは第15、24、そして最終26話と三度も登場。実はガンガーも第5、18話に続いて26話にも登場する予定だったが、その役割はギロチン帝王の宇宙船に変更された。

・毎回登場するBF団の団員は、同じ人たちが演じている故に、殉職や逮捕されるシーンがあっても次の回には復活する。
中でも菅原壮男氏が演じる髭を生やした団員は存在感があり、朝日ソノラマの「ファンタスティック・コレクション」(ムック本)で「BF団チーフ」と命名されて以来、そう呼ぶファンも少なくない。

yoz********さん

編集あり2017/12/615:39:00

〇昭和40年代は、ほぼ毎年、夏休みの午前中に再放送がされていました。
〇BF団とは、ビッグファイヤーの略です。
〇ギロチン帝王の着ぐるみは、「悪魔くん」に登場の大海魔の改造です。
〇GR2という怪ロボットが登場しますが、これはジャイアントロボ2号ということで、ジャイアントロボは、GR1です。予告編音楽についた歌詞ではGR1と連呼されています。
〇放送開始は、「ウルトラセブン」と同じ昭和42年10月からです。モロボシダンは、第1話の最後でウルトラ警備隊の隊員になりましたが、草間大作がユニコーンの隊員となったのは、第2話からです。
〇音楽担当は、「悪魔くん」、「ルパン三世」、「スーパジェッター」等と同じ、山下毅雄です。
〇主役の金子光伸と青影の金子吉延は、兄弟に間違われたりもしますが、他人です。
〇ユニコーン西野隊員役の片山由美子は、番組登場時、高校3年だった。

http://ztonbaltan.blog.so-net.ne.jp/2014-11-13
http://ztonbaltan.blog.so-net.ne.jp/2014-11-17

pop********さん

2017/12/321:00:15

爆発シーンに毎回サタンローズの触手がガソリンスタンドの
柱をつかんでるシーンを使っていた。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ros********さん

編集あり2017/12/319:47:11

● 参考にされたし。

【ジャイアントロボ(1967)】第16話「怪ロボットGR2」【ダークヒーローの祖】

●ユニコーンのスイス支部が突如、全滅した。
スイス支部ばか… - Yahoo!知恵袋 https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10142323655

【ジャイアントロボ(1967)】第16話「怪ロボットGR2」【ダークヒーローの祖】

●ユニコーンのスイス支部が突如、全滅した。
スイス支部ばかりではなかった。
次々とBF団によって破壊されていくユニコーンの世界支部。

●ローマ支部が壊滅した。
続いてカイロ支部が、ボンベイ支部が、シンガポール支部、ホンコン支部、そしてタイワン支部も…。
次は、いよいよ日本支部か。

●まずユニコーン日本支部の眼を奪うべく、霧に包まれた奥多摩のレーダー監視所を襲撃する黒い影。
闇に浮かび上がる鋼鉄の巨人、その名はGR2…。

●悪の組織BF団の秘密兵器。
ジャイアントロボを遥かに凌ぐ悪しき兄弟機、GR2が、満を持して登場したスペシャル回。

●横山光輝氏の漫画版では、
BF団が、陸海空に特化した下記3体のGRシリーズを開発。

★★陸、ジャイアントロボ。
…第1話で草間大作:少年によりユニコーン側へ強奪。
⇒仮面ライダーのショッカー脱走プロットに転用。

★★海、GR2
…TV版では第16話、第19話に登場。
⇒ショッカーライダー、ハカイダーのプロットに転用。

★★空、GR3
…TV版には未登場。

●GR2の水牛状の角は、同じ横山光輝氏原作「鉄人28号」登場、宿敵ブラックオックス(意味は黒い雌牛)へのオマージュでは。

●また、GR2は、「ウルトラマンエース」(1972)のエースキラーに先立つダークヒーローの先鞭デス。

●BF団のギロチン帝王>幹部>怪獣>戦闘員というヒエラルキー(階層構造)、ユニコーンの世界支部、スパイ諜報戦、首領の正体は宇宙人という要素は、仮面ライダーへ転用。

●本回登場の暗号「テケスタ」(=助けて)は、「仮面ライダー」第54話:海蛇男編の暗号「カツヨシ」(=ショッカー)へ転用。
脚本は、どちらも伊上勝氏。

●ジャイアントロボの指ミサイル。
指先に弾頭がカシャッカシュッと並ぶシーン。
後に「恐竜戦隊ジュウレンジャー」(1992)のドラゴンシーザーでパクられます。

ゞ(・ε・ο)〃!! あでゅ

the********さん

2017/12/317:09:05

何かの雑誌の記事で読んだ覚えがありますがジャイアントロボの視聴率が良かったのでTV局側として長期の放送を望んでいたが東映側としては
毎回制作費を超過していたので延長を断ったとか。

ロボのスーツは初め硬質の素材で作られていたが演者の安全性を考慮してゴム製のスーツに変更された。

芸能人では山田邦子や三宅裕司が
TV番組で懐かしい番組について語るコーナーでジャイアントロボの最終回について熱く語っていました。

仮面ノリダー第1期の最終回では
ジャイアントロボ最終回の自爆シーンがパクられていました(背中のロケットの形状まで再現する凝りよう)

2005年の実写版 鉄人28号で改修された鉄人が格納庫から発進するシーンはジャイアントロボの発進シーンの
アレンジというかオマージュでした。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる