ここから本文です

「野口体操 自然直伝」野口三千三語録 羽鳥操著を読んでいます。 下の文の動作が...

tur********さん

2017/12/419:34:58

「野口体操 自然直伝」野口三千三語録 羽鳥操著を読んでいます。
下の文の動作がイメージできません。どなたか解説していただけませんか?

骨盤と股関節の柔らかな関係は、直立して動く人類にとっての生命線です。
試みに、立ったままの姿勢で、足の裏で円を描くように丸く重さを乗せ替え、
伝えられたエネルギーで腰を廻してみましょう。
その後で、直立姿勢に戻って、骨盤の真上に頭蓋が乗っているかどうか、からだの重さで地球と繋がっているかどうか確かめてみてください。

「足の裏で円を描くように丸く重さを乗せ替え、」のところがうまくイメージできません。どなたかよろしくお願いします。

閲覧数:
56
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gie********さん

2017/12/423:54:35

やってたものです。

亜流の経験もあります(野口体操は俳優等のメソッドにこんにゃく体操という名前になってとりいれられています。また教育の分野でも研究会がありました)

文は
ようは、逆に簡単に言えば腰を円をえがくように動かすと、(例えば)足の外側に円を描くように体重が乗りますね。

それを足から意識して、丸く動かし重さを乗せ変えて、それを腰を腰で感じるってことですね。


足裏をやわらかく使うことで、体重のかかる位置をいろいろ感じるといいですね。

野口体操の書籍以外ですと
身体の文法というのを提唱しているメビウス気流法の書籍も参考になるでしょう。

あとは野口体操を取り入れた演劇家の竹内レッスンで有名な竹内氏の書籍も。

  • gie********さん

    2017/12/423:57:46

    訂正です
    <それを足から意識して、丸く動かし重さを乗せ変えて、それを腰を腰で感じるってことですね。

    それを足から意識して、丸く動かし重さを乗せ変えて、それを腰で感じるってことですね。







  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/12/9 08:25:12

いろいろ有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

com********さん

2017/12/422:56:14

足裏は、そのまま動かさず、円を描くとは、全身が小さな円を描くはずでしょう。そうすると左右に体重の移り変わるのが分かると思います。それを「丸く重さを乗せ替え」と表現したのではないでしょうか。結果正しい姿勢で立っているか確かめよと言っていますから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる