ここから本文です

ビスマルク体制が崩壊し、三国同盟vs三国協商の構図が完成するまでの流れをまとめ...

set********さん

2017/12/601:59:41

ビスマルク体制が崩壊し、三国同盟vs三国協商の構図が完成するまでの流れをまとめよ。

(特に英露と独の関係に着目して、200字程度で)

という 課題があって全然分からないので
世界史に詳しい方、考えていただけませんか?

閲覧数:
157
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mep********さん

2017/12/712:53:30

ヴィルヘルム2世の親政が始まり、世界政策の中で露との再保障条約更新を拒否したために、露が仏に接近。→露仏同盟締結、ファショダ事件を機に1904英仏協商締結、1907年英露協商締結⇨三国協商
仏のチュニジア侵攻を警戒した伊が、パン=ゲルマン主義を掲げる独墺に接近→三国同盟

大まかにこんな感じだと思います。学生なので間違っていたらすみません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる