ここから本文です

音韻論の体系は、すべての言語に普遍的に適用できる体系ではないのですか? つまり...

che********さん

2017/12/915:50:36

音韻論の体系は、すべての言語に普遍的に適用できる体系ではないのですか? つまり、日本語音韻論体系と英語音韻論体系とは、別の構成になるのですか?

下記のページでの説明を見て、思いました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q116658471...

閲覧数:
42
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dol********さん

2017/12/1000:23:21

人が出す音声は物理的に同じでも、言語によって「どれを同じ音とし、どれを違う音とするか」という音認識のパターンは違う。この音認識のパターンのことを、音韻体系と言う。

言語ごとに異なる音韻体系を、なるべく共通の用語と概念で説明しよう、というのが音韻論。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「体系的とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる