ここから本文です

海抜、標高、高度。この三つの語の違いってなんですか? Wikiで調べてもよく解...

poi********さん

2008/8/1015:45:04

海抜、標高、高度。この三つの語の違いってなんですか?

Wikiで調べてもよく解りませんでした。
海抜は海を0メートルとしてそこから高さを計ったものというのは解るんですが、この三つの語の違いがよく解りません。

例えば日本航空が墜落した時、高度1545メートルで山と接触したとありましたが標高や海抜にすると数値が変わってくるんでしょうか?
でも実際接触した山の標高と飛行機の高度がほぼ一致してたような記憶があります。でも高度=標高というわけではないですよね?
よく山の高さは標高といい、飛行機等の高さは高度といいますよね。

どなたか解る方いらっしゃいますか?
予想とかでもいいので。

閲覧数:
1,842
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

par********さん

2008/8/1016:14:07

基本的には同じものです。
山頂などの標高は、日本の場合東京湾の平均海面の高さを基準に測量を行って求められたものです。
高度については良く解りませんが、意味は同じです。ただ、地球は人工物のように滑らかな形ではなくまた、水平面も密度の偏りなどによっていびつな形をしています。
そこで、大体形が一致するような楕円体モデルを想定して、その楕円体からの離れを高度とする場合もあります。人工衛星なんかがそうです。だから、GPSで求められた標高は日本の地図とは一致していません。このずれは、水平面がいびつな形をしているため一定ではありませんが、日本では約30m前後です。
航空機は、こちらの基準でいかないと地球全体で整合がとれませんから、恐らくこれを基準にしていると思います。
詳しくは、『楕円体モデル』、『ジオイド』、などで検索してみてください。
http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geoid/

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

uss********さん

2008/8/1112:31:38

中身はどれも同じで、「高さ」を示すことです。
ではどこが違うかといいますと、はっきりとは区別されていないようですが、対象となるもので違ってくるようですね。

通常、「海抜」「標高」を使うのは山や丘といった地形に対してです。
一方、「高度」といった場合は、空中を飛行する物体の高さを表す場合や人工的なものの高さを表す場合に使われています。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる