ここから本文です

車同士の衝突事故をおこしてしまいました(警察は人身事故として処理)。 責任割合...

アバター

ID非公開さん

2017/12/1521:04:59

車同士の衝突事故をおこしてしまいました(警察は人身事故として処理)。
責任割合は8(当方):2(相手)で、こちら側の任意保険会社が一切の手続きを行っています。
現在はお互い頸椎捻挫で通院中

なのですが、責任割合の大きい当方にも慰謝料は支給されるのでしょうか?
支給されるとしたら、どんな計算方法なのでしょうか?
ご回答宜しくお願いいたします。

閲覧数:
153
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

shi********さん

2017/12/1700:20:50

自賠責保険は「被害者の救済」を目的としている強制加入保険です。つまりけがをされた方を救済する保険です
自賠責保険に関しては、被害者側に「重大な過失」が認められるような場合でなければ、基本的には過失割合において細かいことは言わず、保険金を支払ってくれるのです。
そんな寛大な対応をしてくれる自賠責保険でも、被害者側に「重大な過失」がある場合はさすがに過失相殺をします。
自賠責保険が言うところの「重大な過失」とは、すなわち被害者側に7割以上の過失がある場合を言います。
残念ながら貴殿の場合はこの重大な過失者となり保険金の減額対象になります
自賠責保険における重過失による減額割合
重大な過失とは7割以上の過失ですが具体的にどの程度の減額がされるのか記載します
①【死亡または後遺障害に該当する事故の場合】
1:7割未満の場合は減額無し
2:7〜8割未満の場合は20%減額
3:8〜9割未満の場合は30%減額
4:9〜10割未満の場合は50%減額
②【上記以外の怪我の場合】
1:8割未満は減額無し
2:8〜9割未満の場合は20%減額
3:9〜10未満の場合は20%減額
このように、過失割合がそのまま減額割合となる任意保険に比べると、たとえ過失相殺がされたとしても、非常に低い減額だけであとの保険金は支給してくれるのです。
★貴殿の場合は過失割合が8割なので①の1 8〜9割未満の場合は20%減額
となります120万円限度額の2割減で96万円は自賠責保険治療費+休業補償+慰謝料が認めらえます。

アバター

質問した人からのコメント

2017/12/20 18:33:05

とても丁寧にご回答頂き、ありがとうございました。
自身の健康保険を使って通院していますので、減額されても範囲内で収まると思います。
ちなみに相手はMRIで異常なしと診断されていますが頭痛がするから仕事出来ないと3ヶ月過ぎた現在も休業し続け、事故当時同乗していた息子共々毎日通院しているようです。
相手は廃車寸前の車で、当方の前を塞ぐように被さってきました。
当たり屋だったのでしょうか...正直悔しいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tan********さん

2017/12/1707:42:39

加入している任意保険の保険会社に相談して下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる