ここから本文です

後遺障害等級についてです。傷についてです。

rik********さん

2008/8/1121:41:53

後遺障害等級についてです。傷についてです。

顔の傷があったのですが、他の怪我の治療が終わるまで待っていてみな最後にまとめて申請しました。
それを今とても後悔しています。
傷は時が経てば小さくなりますよねえ?
私の場合きっと初めは結構大きな傷だったのですが、認定審査は怪我をしてから2年半経っていました。
これってやはりすごいバカですよねえ?確実に傷なんて小さくなりますよねえ?
もっと早く出していれば、保険金の額だって違ったと思います。
特に女性の傷の等級は大きいので。
私のような人っていますかねえ?

閲覧数:
474
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uey********さん

2008/8/1214:42:03

原則論というか机上論では、
症状固定というのは改善の余地がなくなった時点を指します。
ですから傷跡が小さくなるのであれば、
小さくなるのを待って認定を受けることになりますが、
これはあくまで原則論といいますか机上論です。

実務的には受傷後6ヶ月を経過すれば後遺障害申請できますから、
おっしゃるように2年半も経ってから気付いたのであれば、
時既に遅し。おっしゃる通り、失敗しましたね。
6ヶ月時点で認定を受けて、その後傷跡が小さくなったからといって、
受け取った保険金を返せとは言われません。

顔の傷跡や、可動域制限など、
症状固定とされてからでも少しずつ回復する種類の障害はあります。
だからその分、逸失利益の計算の喪失期間を一時的なものに限定するのです。

> 私のような人っていますかねえ?

いくらでもいますよ。
そうならないためには早い時期に専門家に相談することです。

ネットでも今はいくらでも情報収集できますが、
得られる情報の正確性は確実ではありませんし、
その情報の取捨選択が出来なければ無意味なものです。

また、無料の相談先にこだわる人も多いですが、
無料では無料の程度の助言しか受けられません。
相談に費用が掛かることに躊躇して、
結局権利を丸ごと捨てることになったのでは、
節約した費用以上の損失を被ることになるわけです。

相談を受ける人の中にも、
「手遅れ」という人はいくらでもいます。
残念ながら、全て自己責任ですからどうしようもありませんね。

植山行政書士事務所 植山
http://kotsujiko.e-advice.net/

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kat********さん

2008/8/1208:05:03

あなたのような人がいるかどうかは分かりませんが、後遺障害認定は症状が固定しこれ以上回復が望めないという治癒の判断を医師がしたときに認定を受けられるもので、あなたのようにもっと早くとかこの時期に受けておけばよかった、というわけにはいきません、

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる