ここから本文です

陶芸 下絵具と呉須の違いについて教えて下さい 私の見識では呉須はお茶で溶いて使...

wsv********さん

2017/12/2322:43:15

陶芸 下絵具と呉須の違いについて教えて下さい 私の見識では呉須はお茶で溶いて使うものとの認識です その他違いについて教えて下さい 両方とも上から3号石灰釉をかけて焼くものともおもっています

閲覧数:
832
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

xmb********さん

2017/12/2422:57:29

何か勘違いをされています。

下絵の具というのは、釉薬の下に描く絵の具のすべてを言います。
呉須も下絵の具です。また鉄彩に使う弁柄等も下絵の具です。呉須をお茶で溶くのは呉須の伸びをよくするためです。

>両方とも上から3号石灰釉をかけて焼くものともおもっています。

石灰釉には3号釉だけではありませんよ。
また石灰釉だけではなく、亜鉛を溶媒にした透明釉薬等いろいろなタイプの透明釉にも使われます。また青磁に鉄系の下絵の具を使ったものや赤系の下絵の具など使うものもあります。下絵の具は、さまざまな釉薬に使われています。

  • 質問者

    wsv********さん

    2017/12/3021:56:47

    回答ありがとうございます!で もうちょっと詳しく教えてください
    青呉須 下絵具青色 と呼び方がありますが何で呉須と呼ばれているのでしょうか

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

Yahoo!知恵袋 特別企画

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる