ここから本文です

検診で異常があり、受診したクリニックの検査内容について。 40代女性です。定期...

pic********さん

2017/12/2523:35:29

検診で異常があり、受診したクリニックの検査内容について。
40代女性です。定期検診で異常が見つかりました。
①高血圧 148/96
②肝機能
GOT63、GPT113、γ-GT65
③尿酸 9.2
3項目で受

診するように記載ありました。

近所のクリニックを受診したところ、検査結果を見て「そんなに酷くはないね」の一言。
血液検査して20分程で結果が出たところ、正常範囲内とのことでした。

疑問ですが、
①について
血圧の測定はしてもらっていません。私が持参した検査結果表を見て判断されただけです。
2週間ほど朝夕に測定した記録を先生に見せましたが、「あっ、そう」と見てもらえませんでした。

検査の結果
総コレステロール207、中性脂肪100、HDLコレステロール63、でした。
肝機能ではなく、脂質代謝の検査?
確かに検診ではLDLコレステロールが136で数値が高かったので、検査は理解できますが、LDLではなくHDLの方を検査された理由が分かりません。

③尿酸 6.8でした。
検診を受けた時期から生活を改めて体重を5kgほど落としてはいるものの、たった1ヶ月でこの様に数値が正常まで下がるものでしょうか?

先生には、検診の結果がおかしいと一言で片付けられてしまいました。
そんな事あるんでしょうか?

数値が良かったので、この検査結果(医者)を信じたいですが、信じて良いものか疑問が残っています。

閲覧数:
263
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

day********さん

2017/12/3011:58:36

(自分は素人です。自分自身が健康診断で引っ掛かるので心配で本をいろいろ見てるようなレベルです。本で知った情報を書きます。自分からすると、その医師が言ったこと、検査内容は、なんとなく理解できる気がします。)


・太ってることと尿酸値は関係なくもないようです。
・「HDLがしっかりある」点は重要なんです。「HDLが少ない人でLDLが高い」のと、「HDLがしっかりあって、LDLが高い人」では、まったく意味が違うんです。だからHDLは注目します。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



●尿酸値について

『健康診断「本当の基準値」完全版ハンドブック』980円+税(著/大櫛陽一(医療統計学生)東海大学名誉教授) (2017年刊)
(108ページ~)

【尿酸(UA)】…痛風の原因とされる物質だが、数値が低すぎてもよくない

【尿酸とは?】尿酸は、タンパク質代謝で生じた窒素酸化物を、体外へ排出する機能を担っています。抗酸化作用があり、ストレスから体を守ります。

【病気との関係】尿酸値が高すぎると、「痛風」や「尿路結石」になる可能性が高くなります。高血圧、腎障害、心血管系疾患の原因になるとも言われますが、これには反対意見もあり、確定的ではありません。

・一方で、尿酸にはよい作用もあります。「ビタミンCよりも強力な抗酸化作用がある」ため(※1)、ストレスで生じる酸化物の解消、神経系の保護、発がん抑制につながります。「尿酸値が低いと、多発性硬化症、パーキンソン病、アルツハイマー病、視神経炎を起こしやすい」ともいわれます(※2)。

・これに加え、「尿酸値が高いと脳梗塞の経過が良い」、という研究結果も出ています(※3)。脳の動脈を詰まらせている血栓の取り除くための血栓溶解剤(r-tPA)の使用時に尿酸の投与を併用することで、効果が高まったと報告されています。(※4)



※1……日経メディカル 2011年 5月号
※2……J Pharm Exp Ther 2008;324:1-7
※3……Storke 2011;42:s28
※4……Chamorro A:ISC 2014で発表



【検査結果が気になったら?】
基準範囲内の上限値付近でも、水分不足やストレスが重なると、痛風発作や尿路結石を発症する場合があります。

・ちなみに、尿酸値は気温とも関係しているようです。「真夏は汗をかいて体内水分が少なくなり、尿酸値が上昇する」のです。筆者が70~74歳の男性4474人を対象に、月ごとの尿酸値の変化を調査したところ、8月が最も高く、平均値は6.25、中央値は6.2でした。2月が最も低く、平均値は5.76、中央値は5.7でした。真冬にくらべて、中央値は0.5も高くなっています。

【数値改善のための生活習慣改善策】
一般的には、「適切な水分摂取」を心がけ、「アルコールの飲みすぎと太りすぎを避ける」ことで、尿酸値の適正なコントロールにつながると言われます。

・また、「筋肉トレーニングや過度な運動で尿酸が上昇」している場合もあります。これらの習慣があって高尿酸に悩んでいる方は、トレーニングや運動のレベルを下げてみるのも一考です。また、「仕事などのストレス」も数値の上昇につながります。

・尿酸値の改善といえば、プリン体を多く含む食品の摂取制限を考える人も多いかもしれませんが、実はこれについては異論があり、いまのところは、「プリン体と尿酸値に因果関係があるとは断言できない」段階です。

【尿酸の高値と薬物療法】
高尿酸を抑えるための薬物療法には、賛否両論があります。副作用の危険性が多数報告されており、2000年には、尿酸を排泄する「ベンズブロマロン」(一般名)を含む痛風治療薬が肝機能障害の副作用を引き起こして、6人が死亡しました。また、2003年にも、尿酸の生成を抑える「アロプリノール」(一般名)を含む痛風治療薬を腎不全患者に使用したところ、死亡してしまったという事例があります。

・そもそも、高尿酸による症状が顕在化していない段階で、ただちに治療するべきなのか?____という意見もあります。痛風や尿酸結石は命に直結する疾患でありません。そのため、たとえ数値的には高尿酸でも、「何らかの症状が出る前であれば、薬物の服用は患者本人の判断に委ねるとする医師も少なくありません。」高尿酸の薬物治療に際しては、複数の医師に相談するなどして、慎重に考えてみるのがよいかもしれません。


【日本の診断基準】
日本痛風・核酸代謝学会は、尿酸の値が7以下であれば正常値としており、7.1以上で高尿酸血症となります(※5)。

・一方、日本人間ドック学会によりますと、尿酸値の正常範囲は
男性が3.6~7.9、女性が2.6~5.9となっています(※6)。


※5……日本痛風・核酸代謝学会 : 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 2012年

※6……日本人間ドック学会 : 新たな健診の基本検査の基準範囲 2014年


【世界の診断基準】
各施設により検査法や試薬などが異なり基準の差があるものの、米国の国立健康研究所(NIH)によれば、尿酸値の正常範囲は3.5~7.2となっています。

(健康診断「本当の基準値」完全版ハンドブック、980円+税に書いてあるのは、
・40~44才、女性、2.5~5.6
・45~49才、女性、2.5~5.7)



↓MEC食の本です。糖質制限の一種です。
『肉・卵・チーズで人は生まれ変わる』1200円+税(渡辺信幸、医師) (2017年刊)
(181ページ)
Q、尿酸値が高いです。肉と卵は控えたほうがいいですか?

(A)食べたものによって、血液中の尿酸が増えるというのは間違いです。これはコレステロールと同じで、尿酸も体内で合成され、一定の量になるようコントロールされているからです。

尿酸値が上がる原因は、アルコールのとりすぎ、激しい運動、糖質です。MEC食で尿酸値が上がることはなく、むしろ下がる人のほうが多いです。




●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

●HDLを重視する意味


①「HDLが少ない人」は、(悪玉)小型LDLが多い。
②ちなみに「LDL」と(悪玉)小型LDLは、別物です。
③「HDLが少なく、中性脂肪が高い」と、(悪玉)レムナントコレステロールが多い。
★「小型LDL」と「レムナントコレステロール」が動脈効果を促進します。
★(悪玉)小型LDLは、(悪玉)レムナントコレステロールになりやすい。



健康診断で、ふつうのLDLが高くても、「中性脂肪が少なくHDLがしっかりある」だったら、質の良いLDLなので安心です。
(質の良いLDLは、ふつうに細胞の材料です。)


【こういう事を知っている医師もいますが、この事を、まだ、知らない医師もいます。】



オムロン/高脂血症で注意すべきは「レムナント」と「小型LDL」
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/topics/25.html




★「糖質制限」や「MEC食」をすると、HDLコレステロールや中性脂肪がよくなります。
(MEC食は、糖質制限の一種です。)
(糖質制限は、糖質を減らすだけじゃなく、脂質・タンパク質をじゅうぶんにとってください。)
(糖質制限をすると、半年~数年位、LDLが高くなる場合がありますが、糖質制限で上がったなら質の良いLDLです。コレステロールの合成は、肝臓が調節してますが、調節しきるまでに、半年~数年かかる場合があるので。悪玉の小型LDLではなく、質の良いLDLです。)


『健康診断「本当の基準値」完全版ハンドブック』980円+税
LDLコレステロール
・40~44歳 男性 65~181、女性 57~157
・45~49歳 男性 67~183、女性 62~171

・75~79歳 男性 73~174、女性 74~194

★LDLが高くても、HDLがしっかりあり、中性脂肪が少ないなら大丈夫。

★HDLが少ない人は(悪玉)小型LDLがみられる。
★小型LDLはレムナントに変わりやすい。
★HDLが少なく中性脂肪が多い人は、(悪玉)レムナントコレステロールがみられる。




●『炭水化の食べ過ぎで早死にしてはいけません』1300円+税(江部康二)
(51ページ)
★コレステロールは、とかく悪者にされがちですが、実は、細胞膜や男性ホルモン、女性ホルモンなどの原料として人体に必要不可欠な大切な物質です。

一般的にLDLコレステロールは悪玉でHDLコレステロールは善玉といういい方をしますが、これも正確ではありません。

正常サイズのLDLは、中に40%のコレステロールを含んでおり、それを末梢組織に運ぶ真っ当な役割を果たしています。

少し難しくなりますが、コレステロールについて説明します。


HDLは末梢組織の細胞で余ったコレステロールを回収して肝臓に運んでいます。

即ち、LDLもHDLも人体に必要なものであり、日々良い仕事をしており逆に少なすぎれば困るわけです。

コレステロールに関して、動脈硬化のリスク要因として問題となるのは、HDLコレステロールが低値の人とLDLコレステロールが高値の人です。

そしてLDLコレステロールの中で、【本当に問題となるのは小粒子LDLコレステロール(小さくて高密度のLDL)と酸化LDLコレステロール】です。

小粒子LDLは、真の悪玉である酸化LDLに変身しやすく危険な存在です。

酸化LDLは血液中で異物と見なされて大食細胞という免疫系の細胞に取り込まれていき、血管内皮細胞内にコレステロールを蓄積させ動脈硬化を起こし、心筋梗塞のリスクとなります。

しかし、酸化していない普通のLDLは、異物ではないので血管内皮に障害を起こしません。

中性脂肪が多くてHDLコレステロールが少ない人は、小粒子LDLがたくさんある可能性が高いので要注意なのです。

HDLコレステロールが多くて中性脂肪が少ない人は、小粒子LDLコレステロールと酸化LDLコレステロールは少ないので安全であり、糖質制限食実践中の人は、そうなります。

つまり、糖質制限食で起こるコレステロール値の変化は、動脈硬化のリスクを下げていると考えられるのです。
(以上写しました。)


「小粒子LDL」=小型LDL

「酸化LDL」=レムナントコレステロール

●●●●●●●

  • day********さん

    2017/12/3012:00:42

    ●●●●●●●●●●●●


    ●高血圧について


    高血圧は、原因がいろいろあるみたいです。

    年代が上がるにつれて上がるのは自然で、
    『健康診断「本当の基準値」完全版ハンドブック』980円+税(大櫛陽一)
    (いわゆる上の血圧)
    40~44才、女性、(~138)
    45~49才、女性、(~142)
    75~79才、女性、(~166)
    尿酸値と同じく、詳しい説明が、本にかいてあります、

    (素人の私の個人的なまとめ)何かしら原因があって高血圧になってるならその原因をなんとかするのがいいのですが、
    年齢で自然に上がった血圧は、薬で下げると弊害があります。自分の母(80代)で実感しました。

    ・腎臓が悪いと血圧が上昇する
    ・糖尿病でも血圧が上がる
    原因になっている疾患を治療すると血圧は正常に戻るが、薬で血圧だけを下げると、かえって、もとの疾患を悪化させます。

    他には?……腎臓が悪い、糖尿病、弁膜症、慢性貧血、動脈狭窄、内分泌症候群(クッシング症候群)、甲状腺機能亢進症、妊娠中毒、副腎

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kkk********さん

2017/12/3021:43:43

尿酸値は食生活と体重管理でガックリ落ちますww

良かったですねw

血圧は10や20位はその日の具合でコロコロ変わります。

160とか180位になったら気を付けて、200超えたら薬飲む位で良いですw

肝機能も食生活でカンタンに改善されます。



21:00以降飲食を控えるだけでガクッと下がります。





回答。

貴方は健康。


気にしない事です。



ただ、体重管理と食事には気を付けてりゃエエですw

run********さん

2017/12/3020:19:42

専門的な回答は他の方を参照にしてください。

定期検診はその時の体調により数値はビックリするほど高かったりします。病気ではなく、いわゆるストレスや生活環境の変化、寝不足、偏った食事です。
人間の体内は常に変化しています。今日は異常値でも数週間後は正常に戻る事もしばしばある事を頭に入れておくと良いですね。

私自身、持病の為1か月に1度採血をしていますが、数値が高くても1度や2度なら主治医は何も言いません。3か月以上の異常値でやっとおかしいな?精密検査してみる?位の感じです。

最新の検査で異常なしなら、それを信じる事。気になるなら、自分で数か月に一度は採血をして自分の身体の事を知ってみる。そうやって、自分の身体は自分で理解出来る様にするのが40代からの生き方です。

mir********さん

2017/12/3018:42:45

高血圧という病気など存在しません。無論、高血圧だからといって脳卒中や心筋梗塞になどなりません。

血圧175の人と血圧125の人、前者のほうが脳卒中になりやすそうに思われるかもしれませんが、大阪がん循環器病予防センターの研究では、前者が1000人中2・7人、後者が1・8人と、ほぼ変わらないのです。要するに血圧が高かろうと低かろうと、健康にはさほど影響はないのです。(血圧200以上はさすがに危険な場合はありますが)。

また、かつては最高血圧の上限は180だったのですが、現在は130に引き下げられています。明確な根拠は示されていません。

では、なぜ引き下げられたのか?引き下げることで高血圧に該当する人が増えるため、病院により多くの患者がやってきて、より多くの薬を売りつけて儲けることができるからです。これを疾病利権(しっぺいりけん)といいまして、降圧剤ビジネスの市場は一兆円規模といわれています。

薬は症状を強引にうやむやにするだけであり、飲んでも病気が根治するわけではありません。それどころか薬には恐ろしい副作用があります。お金をだまし取られるだけなので、なるべく病院には行かないことをオススメします。

ところで、ケンシンというものなのですが、ケンシンを受けることで寿命が延びるという証拠はありません。お金と時間の無駄なので、ケンシンには2度と行かないようにしてください。病院というのは激しい痛みや苦しみなど、なんらかの自覚症状が出たときに利用すればいいものなのです。

har********さん

2017/12/2600:50:02

①治療の必要がない血圧と判断されたのでしょう。
高めですが、薬などは必要ない数値だと思います。
血圧は変動しますし…家で測っていた数値が異常でなければ、一目見て「問題ない」と判断されたのでは?
自宅で測っているなら、病院のような特殊な状況で測定するより、日ごろの血圧がわかって、判断の基準材料になると思います。

②総コレステロールは、中性脂肪の1/5+LDL+HDLの値になります。
計算上でますので、特に問題はないです。
多分、その病院の検査セットの項目がそうなっているのでは?
主さんの場合、今回は124がLDL値になります。

③食事で変化します。
慢性的に値が高い場合だと、簡単には下がりませんが、
基準値より少し高めで、一時的に上がっていたものであれば、気を付ければ下がる可能性もあるかと思いますよ。

最新の結果を信じていいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる