ここから本文です

昔は日本列島は4つのプレートでできていると習ったが、今では3つなのか??

ves********さん

2017/12/2914:22:02

昔は日本列島は4つのプレートでできていると習ったが、今では3つなのか??

閲覧数:
382
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mik********さん

2017/12/2918:05:00

日本列島近くにあるプレートは4つでいいです。太平洋プレートとの境界はいわゆる日本列島の中にはありませんが、影響は大きく受けているので、やはり4つです。

ただ、どこが境界かというとき、北アメリカプレートとユーラシアプレート(あるいはアムールプレート)の境界が特に陸の部分でははっきりしません。地質で見ると境界は糸魚川-静岡構造線になるのですが、地震の震源や地殻変動ではよくわかりません。

質問した人からのコメント

2018/1/2 22:03:54

みなさまありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

det********さん

2017/12/2921:39:23

瀬野徹三さんの「日本付近のプレートとその運動(サイスモ原稿)」です。
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/people/seno/Papers/seismo2003.plate.pd...

このファイルの一番下の図が2001年現在で考えられているプレートの様子になるようです。

瀬野さんはオホーツクプレートの存在を指摘しているので、図3a の方がいいかも知れません。

文章を読むとより詳しい内容がわかりますよ。

そろそろ最新のものが出ていてもいいと思うので、もう少し探してみましょうか。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

2017/12/2915:11:46

現在でも日本付近にあるプレートを4つとする記述が残ってはいるのですけど、北米プレートだけは東北地方の日本海側で発生する規模の大きな地震について説明ができないことから、そこにプレート境界があるとする仮説がそのまま信じ込まれる結果となりました。

現在は誰でも自由にコンピュータを利用できますので分析も容易なのですけど、古くは深度パラメータによる分析が不十分だったためと思います。

気象庁には過去94年感の記録があります。
その中からマグニチュード4以上の震源記録を利用してプレートスロープの様子を示すマップを作成してみますと、確かに東北地方日本海側にもプレート境界があるようには見えるのです。
ところが、それは部分的なものに過ぎず、北海道の北側を通り北米に向うようなラインではなく、太平洋プレートがユーラシアプレートの方角に動く時に発生するプレート境界面での屈折エネルギーが起す副次的な地震域と判断するしかないのです

よって日本列島は3つのプレートが接する部分に存在するとしか言えません。

【過去94年の震源記録 - マグニチュード4以上】

現在でも日本付近にあるプレートを4つとする記述が残ってはいるのですけど、北米プレートだけは東北地方の日本海側で発生...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる