まんが 空母いぶき を 図上演習に見立てて反省会をしませんか?

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

あー確かに 中国は 空母いぶきに DH10巡航ミサイルや DF21対艦核弾道弾を発射する  第二砲兵のミサイル砲撃という手がありますね 個人的には イージスの探知を避けて 低空で接近して YJ91 対レーダーミサイルを発射して 護衛のイージスのSPYを目つぶしてから http://seesaawiki.jp/w/namacha2/d/YJ-91%b9%e2%c2%ae%c2%d0%a5%ec%a1%bc%a5%c0%a1%bc%a5%df%a5%b5%a5%a4%a5%eb%a1%ca%c2%eb%b7%e291/Kh-31P%a1%cb 第二砲兵の巡航ミサイルで いぶきを攻撃する と読むべきで 第二砲兵を 制圧しないうちに  その射程内に 空母を接近させるのは危険ですね じゃあ やっぱり   潜水艦の背中にAAV7を搭載していって   崖下でトヨタ製の水素用700気圧ボンベで   へリウム気球を膨らませて 崖を飛び越え   AAV7を揚陸するプランで   潜水艦は 第二砲兵に攻撃されない   という利点を生かすしかないかなあ

その他の回答(2件)

0

そもそも艦隊および空母の交戦距離近すぎるだろ・・・第二次大戦の距離感覚

0

とりあえず言えること 空自の早期警戒機 足りなさすぎィ! 潜水艇配備しても 逃げ切る時間なさそうだから 早期警戒機を増やすことが 第一だろう。 ミサイルについては 遠くから撃てば撃つほど 母機は安全になるが、 その分艦隊に対応時間を 与えるし、命中率も 下がるので、一概に間違っているとは言えないかな

遠くから発射しても 海面スレスレを飛んで 最後の30kmでロケット加速するミサイルなら 艦隊に対応時間を与えずに済むのでわ? 個人的には F35用のミーテイアAAMを 対レーダーミサイルにした奴を作って 低空で忍び寄って 50km離れて発射して 海面スレスレを 多数の小型超音速対レーダーミサイルが飛んで 中華イージスのレーダーの目に突き刺さり そのあと陸自の第二砲兵=地対艦トマホーク連隊 が150発の対艦トマホークを浴びせれば 中国の遼寧と 広東は 潰せると思うけど 当方のCVBGや揚陸艦隊も 迂闊に近寄ると 中華空軍のYJ91対レーダーミサイルが  イージスの目に刺さり 中華第二砲兵の対艦ミサイルの餌食になりそうな 気がします だから潜水艦の背中にAAV7なり 特3式内火艇を搭載して 夜間に奇襲揚陸すべきかと