ここから本文です

キャッシングの多重債務について。

アバター

ID非公開さん

2018/1/401:54:04

キャッシングの多重債務について。

無計画に数社のキャッシングに手をつけてしまい、月々の返済が苦しいためキャッシング会社へ連絡して示談にて月々の返済額の減額を願おうと思うのですが、示談と自己破産の違いはなんでしょうか?

いずれもローンが組めなくなり金融ブラックに登録されるのであれば違いがないように感じるのですが、示談による完済と自己破産後の完済の場合は何か違いはあるのでしょうか?

そうした事情に詳しい方がおりましたら回答お願い致します。

自身の無計画さは重々承知しておりますので、厳しい言葉も甘んじてお受け致しますが、質問に対する回答がなかったり単なる誹謗中傷と取れる内容はお断りします。

閲覧数:
296
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nas********さん

2018/1/409:58:30

簡単に言うと示談で一部任意整理をしたら残りの借金を返さなくちゃならないが、自己破産して免責が受けられれば借金はなくなります。
任意整理は一部、自己破産は全部チャラです。
ただし自己破産は金額と使い道によっては免責にならない場合もあります。

なお、任意整理でも弁護士や司法書士に任せるのが普通ですが、ご自分で債権者と話がつけられるならどうぞ。

  • nas********さん

    2018/1/410:00:42

    任意整理をした場合はおおむね完済から5年、自己破産は免責から10年記録が残るので、その間新しい借金やローンはできなくなると考えるのが普通です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tom********さん

2018/1/412:32:03

まずは債務の総額によって、任意整理、民事再生、自己破産と段階を踏まえて考えた方が良いです。
貴方が債権者に対して、このままでは自己破産に陥り元金含め弁済出来なくなる可能性があるので、利息分をカットして頂き元金だけでも支払って行きたい旨を伝えると、最終的に元金だけでも回収出来た方が得だと判断した場合、任意整理に応じる可能性があります。
弁済期間は示談の内容によってまちまちですが、大体5年〜7年の間だと思います。
それでも残った元金の弁済先が複数あり生活がキツいとなれば、さらに1/3まで債務額を圧縮する民事再生という方法がありますが、このあたりに来ると色々と手続き上面倒な事も多く、貴方1人で手続きを進めるのは困難だと思いますので、司法書士の先生もしくは弁護士の先生に依頼した方が着手金や成功報酬等、費用はかかるにしても確実かも知れません。
自己破産はその二つの手続きでも無理な場合の最終手段ですから安易に自己破産を考えない方が良いと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

coc********さん

2018/1/410:53:09

>示談と自己破産の違いはなんでしょうか?
・示談→任意整理(合意した金額を支払う)
・自己破産→裁判所で免責されれば、全ての債務を支払わなくて良くなる

・信用情報関係
...任意整理→完済後5年間記載・・経過後記載抹消
...自己破産→免責(官報記載)後5年間記載・・経過後記載抹消
......(銀行の加盟している、全国銀行個人信用情報センターの記載は10年)

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる