ここから本文です

NHK契約してて6年ほど支払いを無視してて 1度だけ5年分の支払いが無しになるから ...

deb********さん

2018/1/507:52:20

NHK契約してて6年ほど支払いを無視してて
1度だけ5年分の支払いが無しになるから
と言われ1回だけ払って
そっから音沙汰なしだったんですが
最近催促状が届いてて
見たら過去の分全て支払いになってたのですがそれは全て

払わないといけないのでしょうか。

閲覧数:
1,415
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

wxy********さん

2018/1/508:51:27

騙されたんですよ。

5年支払わないまま放置すると時効になるんです。ところが、5年以内に1度でも払うと、全部時効がリセットされるんです。そのため、過去分全ての支払い義務があります。

まあ、自業自得ですね。解約しないからそうなるんですよ。さっさと解約しないと、どんどん債務が増える一方ですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aya********さん

2018/1/615:52:34

一回でも払ったり、支払い期限指定書にサインしたりすると、民法で債務の承認をしたことになり、時効がリセットされます。
つまり支払う事を自ら認めてしまったってことになります。
悪質な集金人の典型的な手口です。

ちなみに、本当に払わなくいい、本当に支払いが無しになると、これは、総務大臣の許可を得ない場合、勝手に受信料金を免除したことになるのNHK側に100万以下の罰金があります。

集金人には、契約一件いくら、不払いから取り立てて、いくら、の完全歩合なので、平気で嘘をつきます。
なので、完全無視、もしくは、対応するなら、必ず録画録音しましょう。

まぁ、カメラ向けたら逃げますけど。

支払いがか義務になるのは、裁判で負けた時です。

仮に裁判で負けても、強制執行されても、口座も空、本当に金がないなら、取りようがありません。
給料の差し押さえまでは、数が少ない。

最高裁の判決は、「NHK さん、本当に契約して欲しい、または、払って欲しいなら、一件一件裁判しなさいね」って言ってるです。

本当に裁判になる場合、普通郵便でなく、サインや判子がいる郵便で来ますから。


立花孝志さんのYouTubeでも見て、どうするか考えてみては?

今回は、騙されたとは、いえ、債務の承認をしてしまってますからね。
残念ながら、5年の時効は、リセットです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hig********さん

2018/1/516:52:04

「過去の分をチャラにする」というのは、外部委託の決まり文句です。新規契約時にこの口車に乗るのは、返って得になりますが、滞納していると反対に損なのです。

滞納者は裁判された時に、何十年滞納していても、5年の時効を援用すれば、直近5年の滞納分の支払い命令しか出ません。途中で払ってしまうということは、民法の「債務の承認」という行為になり、時効を使えなくなってしまいます。

騙されたという証拠があればいいですが、ほとんどの人は録音などをしていないので、泣き寝入りになってしまいます。今の状態では、裁判になると5年分ではなく、滞納分の全額支払いの命令が出てしまいます。それでも6年位なら、全部払ってからテレビを処分して解約すれば、時効云々というものもリセットされます。今の契約を有効にしている限り、滞納額はどんどんと増えていくだけです。

方法としては3つが考えられます。

①どちらにしても5年分は払うことになりますので、傷が浅い今の内に全額払って解約する。

②裁判になるのは1%位の低い確率なので、このまま放置する。裁判にならなければ、払うことはないですから。イチかバチかということにはなりますが。

③テレビを処分する。それでもNHKは滞納分を全額払わないと、解約は認めないと言ってくると思います。ここは解約ではなく、廃止という手続きをします。これをすることによって、これから先の受信料を発生させなくするためです。その代わり、不便ですが、本当にテレビを処分することになります。ただし、NHKの対応は担当者によってブレがありますので、廃止を認めてくれるかどうかを担当者に確認してからにしてください。廃止を認めてもらえないのなら、処分しても意味がありませんから。

これらのどの選択をするにしても、一度「NHKから国民を守る党」に相談することをおすすめします。2度目の支払いをしてなければ、②の一択なのですが、時効が使えなくなっている可能性が高いので、かなりリスクが高くなります。

htb********さん

2018/1/511:13:21

NHKがよく使う手ですね。
放送法でNHKが勝手に判断して
要するに、値引きですよね、
これは出来ないことになっています。
あなたが一度支払った時点で
時効の権利を放棄したことになります。

NHKが言う手法ですが
「今までの分は切り分けて」
とか
「以前の分は結構ですので」
このようなことは全て嘘です。

五年以上不払いをしていたとしたら
裁判になった際に直近の五年分の支払いで
簡単に言うと六年間の不払いだとして
裁判になったとしますよね。
そのときは時効がありますので
五年間分の支払いで、一年は時効ということになります。
しかし、一度でも支払いをしてしまうと、その時点で
時効の権利を失ってしまいます。

これも良く使う手段ですが、支払い期限指定書なるものが
あって、現時点で支払いをしなくても
このような書類を書いてしまうのも同じことになってしまいます。
NHKに不払いをしている場合はNHKと一切課かわらないことが
大切で、支払いがなくても集金人と話をしただけでも
説明を受けて、支払い義務があることを認めた、とてされてしまいます。
「今は持ち合わせが無い」とか「今は払えない」などというのも
禁物です。
NHKから「重要」と印刷された封筒で送られてくるものは
重要なものではなく、単なる請求書と振込用紙です。
こんな郵便物が届いてることも認めないことですね。
本当に重要なものであれば普通郵便(受け取り確認が無く、
郵便受けに投函される)だと確実に相手に届いたのかの確認
なんて出来ませんから、重要なものでしたら、
配達証明や書留のような、受け取った証明が必要な
郵便で送るはずですね。

基本請求されたものに関しては支払い義務があります、
集金人が五年分の支払いが無しになることなどありませんが、
あなたがそのことを主張したとしてもNHK側は「そんなことはないし
いうはずも無い」無料にするという録音か録画でもあれば証拠になりますが、要するにあなたが嘘を言ってると判断されるだけです。

あなたがNHKに対して何らかの理由があって今後不払いをするのであれば、今後NHKとは一切関わらないことです。
重要と印刷されて送られてくる物は個人情報を削除して処分する。
NHKの集金人が訪問したときはNHKの関係者と分かった時点で
「お帰りください」の繰り返しで、ほかの事は何も言わない。
電話の場合は相手がNHKと分かった時点で切ってしまい何も
言わない。

但し、請求された金額をきちんと支払いをするか、不払いを
するかはあなたの判断です。

くれぐれもNHKやましてや集金人ごときが勝手に割引や値引きを
することは放送法で禁じられていて、そのようなときは総務大臣の
許可が必要ということです。

jkj********さん

2018/1/507:58:29

払うこと、契約することが「国民の知る権利を実質的に充足し健全な民主主義の発達に寄与する」から、払わないといけないんだってさ。
払わなければ「お前、後で訴えられるからな。俺らのバックには最高裁が付いてんだからな。マジで覚悟しとけよ」ってことらしい。

見ようが見まいが、テレビを付けようが消したままにしようが、契約することと払うことが「あんたのためになるんだよボケ!」って最高裁も言ってるから、諦めた方がいいと思う。

見なくても情報が頭に入ってくるほどの便利グッズだったっけか、テレビって。うちのテレビは電源OFFにしてると、映像も音声も何も出ない気がするけど、よそのテレビの事は分かんないから・・・

pri********さん

2018/1/507:54:02

NHKの詐欺師にやられましたね。
そのことを主張しても裁判には勝てませんね。
立花孝志さんを訪ねてください。
力になってくれますよ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる