ここから本文です

胡蝶蘭など水苔で栽培できる植物はバークでも育てられるようですが、カランコエの...

oot********さん

2018/1/615:11:49

胡蝶蘭など水苔で栽培できる植物はバークでも育てられるようですが、カランコエのように水やりをあまり必要としない鉢植え植物もバークで育てられるでしょうか?

閲覧数:
107
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kak********さん

2018/1/715:29:09

>「胡蝶蘭など水苔で栽培できる植物はバークでも育てられるようですが」
ランでもバーク栽培はそれ也の技能が必要です。
着生ランの根は特殊な性質を持っていて、その成長しつつ有る
根冠が触れた物の性質に合う根にする特徴が有ります。水苔な
ら水苔に合う、バークならバークに合うと云った具合です。
ランの植替えで失敗する主な原因はそこに有り、同じ植込み材
料に植え替えるなら問題無いのですが、全く別な植込み材料に
植え替える時が主な失敗の原因です。植込み材料として一番無
難なのは水苔でして、バークからの植替えも、ヘゴチッブ植か
らの植替えも比較的無難です。
しかし逆の水苔植からバーク植等へはかなり危険度は高いと云
えます。
水苔は毛細管現象で植替えてすぐから水分は割と均一化します。
しかしバークは乾燥している為、植込み後は中々吸水しないの
で、植えた株は水不足と成り易いのが欠点です。
またバークは表面は乾いていても中までは乾いていないとか、
潅水の見極めがかなり難しい材料です。
私の知りうる限り、ラン園でバーク栽培の上手なのは「オーキ
ッドバレーミウラ」さん位で、バーク植えの潅水の管理は中々
難しいですよ。
水苔はコスト的に高価ですから、栽培農家はやはりコスト面で
バークを選びますが、地生ランのシンビジュームでも、植え替
え後の潅水は要注意で、つまり植替え後1〜2年は潅水多く、3
年目位から乾きにくく成りますので、控えめに潅水する必要が
有ります。表面と異なり中の方が加湿に成りますから、見た目
では判断が難しいので、鉢を持ち、鉢の重さでも乾き具合を判
断する必要がバークには有ります。
そこで、その初期の吸水のしにくさと経年後の乾きにくさを緩
和させる為に2〜3割程度日向土を加えてシンビ等、地生ランを
植込んでます。

>「カランコエのように水やりをあまり必要としない鉢植え植物もバークで育てられるでしょうか? 」
もともとカランコエや着生ランの胡蝶蘭等は似た原産地環境で
CAM型光合成をする植物です。その為、潅水としては乾く、湿
るのメリハリ有る潅水が必要な植物ですが、地生種と着生種と
の根の構造が根本的に違います。通気性を好む「気根」と云う
根ですから胡蝶蘭はバークを使用するのでして、細い根で沢山
出る根を持つカランコエにはあまりおすすめとは云いがたいと
思います。またバーク自体軽くバーク同士がくっ付かないので
ランの様に根がくっ付いて鉢内で安定する事はカランコエでは
難しいのではないでしょうか。
どうしてもならバークのS粒(小粒)に日向土小粒を半分程度以上
入れる必要が有るのではと思います。
私的な意見として、バークをわざわざ使うメリットは無いと私
は思いますよ。
長ったらしい文になりましたが、参考に成れば。

質問した人からのコメント

2018/1/12 13:30:50

お二方ともご回答有難うございました。とても参考になりました。より詳細にご説明頂けたこちらの方をベストアンサーとさせて頂きました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mim********さん

2018/1/621:53:02

ランは着生植物で根も太いです。カランコエは根が細く粗目のバーク栽培は不向きだと思いますよ。カランコエ、多肉植物の中では意外と水が好きですよ。長期間乾燥状態にしない方が生育が良い印象です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる