【中学理科】作用反作用の法則について。

【中学理科】作用反作用の法則について。 作用反作用の法則というのは、 ①同じ物体にはたらく作用反作用の力 ②異なる物体の間ではたらく作用反作用の力 に分けられるのですか ②は例が思い付くのですが、①は例が思い付きません。 もし作用反作用の法則が①と②に分かれるのであれば、例を教えてください。

物理学413閲覧

ベストアンサー

0

すでに先の方が回答されていますが、スレ主さんが思いつかないのも当然で、①はありえないからでです。 ①の場合「つりあい」と混同されているかと。 2力が「同じ大きさ」「逆向き」「同一直線上ではたらく」という場合に ①1つの物体にはたらく2つ(以上)の力の関係…力のつり合い ②互いに力を及ぼしあっている2つの物体にはたらく力の関係…作用反作用 となります。 上記の例として、机の上に物体が置いてある場合 ①のつり合いの場合 「物体にはたらく重力(地球が物体を引く力)」と「机が物体を支える力」 ②の作用反作用の場合 「物体が机を押す力(机にはたらく力)」と「机が物体を支える力(物体にはたらく力)」 「~が…を-する力」という文で言い換えたとき、…が同じになるものがつり合い ~と…の部分が入れかわる文になる場合は、作用反作用の関係の力である、と言えるかと。 たぶん

ThanksImg質問者からのお礼コメント

前の回答者様もありがとうございました。 納得致しました。 物理って難しいですが、こうなるもんはこうなるんダ。と割り切ったらよく分かるようになりました笑。

お礼日時:2018/1/13 22:39

その他の回答(1件)