ここから本文です

2017年8月に突発性難聴になり右耳の聴力が無くなりました。 発症直後に受診し...

アバター

ID非公開さん

2018/1/816:08:45

2017年8月に突発性難聴になり右耳の聴力が無くなりました。
発症直後に受診して入院、ステロイドの鼓室内投与を計4回、その後高圧酸素療法を25回受けながら2か月メチコバール等の薬を飲みました。

聴力は全くないところから、ほんの少し音をとらえるところにはなりましたが、話し声は聞き取れません。

今はなす術がなく漢方薬を飲んでおります。
5か月経過しての聴力検査で担当医は「これで固まったと思うしかないでしょう。」との言葉でした。
後遺症3割とは聞いてましたが、もう少し何とかならないものかと思うところです。
漢方薬は長期での投与が必要だと思うので続けるつもりですが、突発性難聴を発症し数か月、あるいは数年後に回復されたという方はいるのでしょうか?

閲覧数:
435
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kokihiさん

2018/1/816:58:31

骨伝導の補聴器使えないかどうか聞いてみるのはいかがでしょうか

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/1/821:26:33

    回復がどうしても無理であれば考えてみるのも一つの方法ですね。
    ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

con********さん

2018/1/821:11:20

ABR検査はされましたか?

それで一側性の内耳性難聴ということであれば、日本ではなすすべがありません。

人工内耳は、お医者がやるといってくれれば本当は健康保険で対応できるはずですが、学会のガイドラインが一側性難聴については適応を認めていません。

海外であれば自由度が高いので、海外療養費の適用ができるか、健保にお尋ねになるのも方法でしょう。

※マッピングや機器メンテナンスの問題はついて回ります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる