ここから本文です

小学生の時に初めて読んで僕に活字の素晴らしさを教えてくれた本(漫画ではない)...

pun********さん

2008/8/1522:32:42

小学生の時に初めて読んで僕に活字の素晴らしさを教えてくれた本(漫画ではない)の事について。
その本が凄く素晴らしく漫画しか読んだ事の無い僕(1972年生まれで当時、小学校低学年でした)に、活字だけで頭の中で物語が繰り広げられていく事を教えてくれた本の題名を教えていただきたいです。自分なりに探しましたが、手掛かりすらつかめない状態ですので。
内容について、うる覚えですが、
1、外国の作品?(訳、誰々って書いていた様な)
2、リスが主人公で冒険をする。
3、台風の中必死に走っている。(その時の緊迫感と台風の目の中に入ったときの安堵感のギャップだけしか覚えて無いです)
結末すら覚えて無いのですが、未だに頭の片隅に引っかかっていています。
どなたか知っておられる方、ご教授願います。

補足当時、小学校の図書室で読みました。

閲覧数:
312
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mym********さん

2008/8/1523:58:54

同年代なもので気になりました(^^;)

『児童図書 リス 1980』で検索したら、こんなサイトがありましたが・・たぶん、シートンかフェーリクス・ザルテンあたりではないかと思うのですが・・見つかるといいですね

http://www001.upp.so-net.ne.jp/risu/risubook/siyose.htm

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pez********さん

2008/8/1700:46:15

下の方のリンク先のリストにある、シートン動物記の「旗尾リス物語」じゃないでしょうか。

私もちょっと自信がないのですが、リスの尾がパラシュートの役目をする為、手入れを欠かさない、という描写がありませんでしたか?

san********さん

2008/8/1600:12:42

日本の作家の作品なので、違うかもしれませんが。
「グリックの冒険」(斉藤惇夫・岩波書店)が思い浮かびました。
とても面白い作品なので、もし違っていても、お勧めです。シリーズ作品として、「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」・「ガンバとカワウソの冒険」があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる