ここから本文です

ショアジギングでリーダーとリングの結び方で十分な強度がある結びを教えてくださ...

アバター

ID非公開さん

2018/1/1023:27:05

ショアジギングでリーダーとリングの結び方で十分な強度がある結びを教えてください。

閲覧数:
302
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pop********さん

2018/1/1412:07:30

漁師結び(完全結び)で十分です。

早い、簡単、強いと三拍子揃ってますね。

まず切れません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kal********さん

2018/1/1214:26:43

ライトショアジギ等で5号以下の細いラインなら、ユニノット系の簡単ノット。
それ以上の太いラインの時はダブルクリンチノットで念のためカット部分をライターで炙ってます。対象魚が大型の時とか磯場やオフショアですと、そこから編み込みを入れてます。

どちらも結束部分から破断したことは一度もありません。

ten********さん

2018/1/1111:15:22

30lb程度までのリーダーでは、リング部をパロマーノット、余ったラインでハーフヒッチ数回+エンドノットで結束しています。
リングに掛かる部分のリーダーがクロスしないようにする事が大事です。

50lb以上のリーダーでは、他の回答にもあるイモムシノットで結束しています。
本結び+ハーフヒッチ+エンドノットなので、簡単に覚えられますし、結束強度も安定しているように思います。

バーチカルもキャスティングも、結束が原因でのブレイクは1度もありません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hiy********さん

2018/1/1110:52:17

80lbまでは新石鯛結びでやっています。
長くこの釣りをしているけど、結束部からは切れたことがないですよ。

aki********さん

2018/1/1108:35:03

ショアではないけど、使い分けてます。

イモムシノット
・リングにジグが着いていない状態、若しくはジグが小さい場合はこちらを多用しています。細いリーダーでも太いリーダーでもしっかり結べますし、強度も十分で、ジギング魂さんの検証では結束強度が100%(ラインの太さにもよるみたいですが)の実績があります。
・リングへリーダーを通す工程以外はTNノット(トリプルニットノット)と同じですが、その工程が仇となってイモムシより強度が低いノットです。ブレイクポイントとして強度を落とす目的があるなら、TNよりも漁師結びの方が効率が良いと思っています。
・難点はハーフヒッチで仕上げるノットなので、編込みを丁寧にしないとグネグネになったり、強度が落ちる可能性があります。


漁師結び(完全結び)
・リングにジグがついた状態でのリーダーとリングのリノット時に多用します。イモムシよりは強度は落ちるようですが、時合を逃さない時に使います。


パロマーノット
・用途は漁師結びと同じですが、こちらはリングにジグやフックついていると面倒なので、滅多に使わないです。それと、リーダーが太いと意外と締込みで整えるのが手間。



こんな感じかな。

mek********さん

2018/1/1106:29:06

トリプルニットノットはいかがでしょう?
参考動画
https://youtu.be/_cSmv4Qv0Zc

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる