ここから本文です

自分で軟膏やリップを作りたいのですが、ベタ付く様だと嫌なので、良いレシピを探...

bra********さん

2018/1/1212:53:19

自分で軟膏やリップを作りたいのですが、ベタ付く様だと嫌なので、良いレシピを探しています。蜜蝋とオイルで作るようなのですが、オイルにも色々ありますし、もっと詳しい説明がいただければ幸いです。

精製したココナッツオイルはベタ付かないと読みました。オリーブオイルは酸化するので不向きとありましたし、アボガドオイルなどはどうなのでしょうか。蜜蝋も使用したことがないので浸透率が高いのかどうかも分かりません。私の望んでいる物は、市販のハンドクリームなどのようにすぐに浸透してサラサラになり、保湿も良好なクリーム、軟膏、リップをオーガニック材料から作りたいです。偶然解答を拝見し、相当な知識をお持ちだと思って指名させていただきました。作ったことがないので何も分からない状態ですが、色々教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

この質問は、yok********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
44
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yok********さん

リクエストマッチ

2018/1/1709:50:51

リップというのは1番の目的は乾燥防止です。カサつきや荒れを治すのではないという事です。従って治療はできません。そこで重要なのが、何を使って乾燥を防ぐかですが、空気に触れなければ唇は乾燥しません。外気と唇の間に膜を作れば触れなくなるので蜜蝋やシアバターのようなコッテリとした物が使用されるのです。膜なので浸透は一切しません。
ところがオイルではテカテカするだけで蝋(ロウ)に比べ落ちやすいし、結局短時間で乾いてしまいます。オイルでも硬いオイルが必要になります。その上、薬局等で市販されている無害な硬いオイルでベタつかない物となると限られてきます。市販で最適なのは馬油です。蜜蝋1:馬油8:蜂蜜1=10gくらいで出来ます。蜜蝋はなかなか溶けないので湯煎かレンジで溶かします。それに残りを入れて掻き混ぜ、均一になったら100均で買える軟膏容器に流します。10分もすれば固まりますので出来上がりです。蜂蜜も市販の物でいいでしょう。蜜蝋の代わりに市販ワセリンでも出来ますが、その場合はワセリン4:馬油5:蜂蜜1くらいの割合になります。全く香りはしませんのでアロマの精油で好みのものがあれば1滴入れれば賦香出来ます。是非チャレンジしてみて下さい。参考になれば幸いです。

リップというのは1番の目的は乾燥防止です。カサつきや荒れを治すのではないという事です。従って治療はできません。そこ...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる