ここから本文です

中度知的障害のある人が交通事故にあいました。

アバター

ID非公開さん

2018/1/1315:09:09

中度知的障害のある人が交通事故にあいました。

横断歩道ではない住宅地の車線がない道路で四輪と人の事故です。飛び出し事故ですが、損保の人によると普通(健常)と同じ扱いになると言われました。
損害保険上で知的障害とはどういう扱いになっているのでしょうか?重度以上が知的障害ですか?
通常過失割合は8:2ですが
7.5:2.5になると言われましたが妥当でしょうか?
調べたところ障害者の場合は過失割合が下がるとありましたがどうなんでしょうか?
発達障害がある場合は変わりますか

閲覧数:
40
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2018/1/1315:54:27

交通事故の歩行者で保護する度合いが強いと言われ過失が有利になるのは、

児童(6歳以上13歳未満)幼児(6歳未満)
高齢者(65歳以上)
身体障害者(肢体不自由、視覚・聴覚・平衡機能障害)
を明確なものとしています。

その他にも判断能力が低い人や社会的に保護を必要とする人も同じような扱いにすることはあります。

中度知的障害ですが、日常に大きな支障がなく、道路上に飛び出しては行けないという判断はできると思われます。そういう場合は特段過失割合が有利になるわけではないですよ。

そういう判断ができないというのであれば、監督義務者もなく一人で外出させるのはどうでしょうね。

過失割合が妥当かどうかは正確で詳細な事故状況がわかりませんので回答できません。相手保険会社に根拠となる判例を提示してもらいそれで判断してください。

アバター

質問した人からのコメント

2018/1/18 03:54:30

ありがとうございました。
わかりやすくてとても参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rocket_code9さん

2018/1/1315:51:24

損保会社で人身事故の担当者をしています。

>損害保険上で知的障害とはどういう扱いになっているのでしょうか?

私の知る限り、「知的障害がある人」について、特段の決まりはありません。

ただし、知的障害があることによって「成年後見制度」の適用を受けている人の場合には、(当然ながら)その取り扱いは民法の規定によります。



>7.5:2.5になると言われましたが妥当でしょうか?

事故状況の詳細(事故現場の道路状況や飛び出しのタイミング等)が不明なため、明確な回答は難しいと思います。

本件の保険担当者としては、別冊判例タイムズ38の【37】図に該当するような事故状況だと考えていて、

基本過失割合:「四輪車:歩行者=80%:20%」

歩行者側の修正として、直前横断「+10%」、住宅街「-5%」

最終的に「四輪車:歩行者=75%:25%」

としているのかもしれません。



>障害者の場合は過失割合が下がるとありましたがどうなんでしょうか?

前述の別冊判例タイムス38・P.61に「児童・高齢者、幼児・身体障害者等(歩行者)」についての記述がありますので、一部を引用します。

※※※※※※※※

これらに当てはまらない者であっても、社会的に見て特段の保護を要求される度合が強い場合は、その能力に応じ、児童・高齢者又は幼児・身体障害者等に類似したものとして扱って良い。

※※※※※※※※

つまり、知的障害の程度によって「社会的に見て特段の保護を要求される度合が強い場合」には、歩行者側の過失割合を引き下げるということになると思います。



>発達障害がある場合は変わりますか

発達傷害の程度・実態によるのではないでしょうか。



【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。