ここから本文です

クラリネット吹いてる中1です。

アバター

ID非公開さん

2018/1/1400:30:31

クラリネット吹いてる中1です。

夏のコンクールで、小編成にするために、
部活全体から最低3人が落とされます。
どこのパートから落ちると思いますか?
フルート3人
B♭クラリネット5人
バスクラリネット1人
アルトサックス2人
テナーサックス1人
バリトンサックス1人
ホルン2人
トランペット4人
トロンボーン4人
チューバ2人
ユーフォ3人
パーカッション4人

です。
ちなみにうちの学校は金管がレベルが周りの学校と比べてもめっちゃ低いです。(木管の方が上手い)

どこから落ちると思いますか…?
私はもしクラリネットから落ちるなら絶対受かりたいので、よかったら、コンクールではどんなことが重視されるか、夏に向けてどんな練習をすればいいかアドバイスもお願いします!

補足ただ、去年までずっとクラリネットは3人だったので、先生がクラリネットを5人も必要と考えるかどうか…

閲覧数:
420
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tru********さん

2018/1/1405:56:35

『部活動』なのですから、人数を絞って「小編成」にするよりも、全員でワンランク大きい編成(大編成)に出るべきだと私は思います。

部員が55名(中学なら50名)を超えるバンドが55名に絞るのは仕方がないですが、55名以下(中学なら50名以下)のバンドが人数を絞って「小編成の部」に出るのは、部活動のあり方として間違っていると私は思っています。全員が出場できるチャンスがあるのに、なぜそれを自ら放棄するのか。

人数を絞ることで有利になるとか、部内に厳しさが生まれるとかいった考えが当たり前になっている中・高校の吹奏楽部の風潮には遺憾に思っています。日本の教育が、競争原理で成り立っている残念な一面だとも感じています。ある意味、指導者の怠慢だと思える部分もあります。

野球などのスポーツと違って、全員が参加できることが音楽の醍醐味であり、また初心者やまだあまり上手でない人も含めて全員で創り上げることの方が人数を絞るより余程厳しくて苦労のしがいがある創作活動となるのではないでしょうか。

「私はもしクラリネットから落ちるなら絶対受かりたい」というより、「全員で一つ上の編成に出て、みんなで音楽を創りましょう」と先生や仲間に呼びかけることの方がはるかに部活動の意義にあっていると思いませんか。

ざっと計算するとあなたのバンドは32人ですよね。決して人数の多いバンドではありません。そこからわざわざ3人削ることで「金賞」とか「代表」が狙えるという発想のバンドでは決して良い結果は得られません。

ちなみに、私がいる地区の今年度のコンクールでは、中学校C編成(25人以下)の部の「代表」は、『初心者を含めた12名』のバンドでした。初心者を含めた12人全員で出たバンドが、30人以上もいる部員の中から25人に絞ったバンドを押しのけて「代表」になるのですから爽快です。やればできます。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/1/1501:08:56

    私も、部内でコンクールに出れない人がいるなんて、正直イヤです…みんなで出てこそのコンクールだと思います。
    でも、この人数で大編成に出てしまうと、余計に金賞など狙えなくなるというのが先生の考えです…

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kor********さん

2018/1/1917:51:14

Tbが一人 Euphが一人 TubaかClが1人落とされるかもしれませんね。
Clは5人ぐらいが小編成にはいいのですが、高音グループのバランスの問題でおとされるかもしれません。
落とされないためにはやる気をみせる。先生に媚びる。悪どいてを使いたくないのなら、正々堂々と大きな音をだす。まぁとにかく下手なやつを蹴落とす。どんな手を使ってでも選ばれたいならそれしかありません。

ren********さん

2018/1/1815:55:47

レベルがどうこう等の返信は既に他の回答が出てるので…

人数を減らしたい意図は顧問の先生に聞かないと無理で
しょう。ここで論議しても無理。

単純に質問の回答。私なら単純に

フルート1
アルトサックス1
ユーフォ2
トランペット1
トロンボーン1

削った人をホルンに1追加。パーカッションに1追加。

ですかね。

i73********さん

2018/1/1520:34:32

小編成にするために人数を削るのは指導者としてどうかと思います。
また、金管が周りの学校と比べてレベルがかなり低いとありますが、その時点で金賞取れるかわからないですよ。
それだったら大編成で一生懸命挑んでどんな賞でも受け止めれば良いと思います。

また、小編成になる場合落とされる人は自由曲によって変わると思います。
受かりたいと思うならこんなところで質問しないで練習をしてください。

あと夏に向けて練習するのではなく音楽を楽しむため、ステキな演奏をできるように練習してください。それには個人だけではなくパートやセクションや合奏でみんなと音を混ぜたり、主張するところは目立たせたりする練習も必要ですよ。

fg0********さん

2018/1/1405:02:04

選曲次第です。ホルンは大編成なら4本いる方が望ましいですが、中低音の楽器が充実しているかつ小~中編成曲を選曲すれば他のパートである程度サポートは可能でしょう。

小編成向けの曲を選曲すると仮定して意見を述べさせていただくと、

Fl 3名→3名
Cl 5名→5名
BsCl 1名→1名
ASax 2名→1~2名
TSax 1名→1名
BSax 1名→1名
Hrn 2名→1~2名
Trp 4名→3~4名
Trb 4名→3~4名
Euph 3名→1~2名
Tub 2名→1~2名
Per 4名→4~5名

といったところでしょうか。

フルートはピッコロの持ち替えもありますので3名で。クラリネットセクションは少し少なめなのでよっぽど吹けないのでない限りは出さざるを得ないでしょう。サックスはバランス的に人数が多いので、アルトが1パートの曲なら削られる可能性もあります。

ホルンは最低2名はほしい所ですが、ロングトーンが怪しいレベルなのであれば1本にして他のパートでカバーした方がいいでしょう。ただ2年生も微妙ということですので、講師の先生を呼んででも底上げを図った方がいいです。まだ半年ありますので…。トランペット、トロンボーンについては3名ずつでも十分ですが、1stのアシで1名ずつ付けてもいいでしょう。ユーフォ3名はホルンのサポートをするにしても多すぎます。このパートからは確実に1名は削られると思っていいでしょう。チューバは吹ける人なら1名でもいいですが、2名いれば安心です。パーカッションは自由曲なら足りない場合もあるので、他パート、もしくは新1年生から助っ人を呼ぶ必要があるかもしれません。なので4~5名としました。

曲を決めないと編成は確定しようがありません。まずは冬のうちにしっかり基礎練習をして来年度に備えましょう。オーディションあるなしに関わらず演奏力を高めないとコンクールに出ても残念な結果になりますので…。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hat********さん

2018/1/1400:59:36

一人一人の音を聴いてみないと何とも言えませんね。
極端な話、いくら人数少なくても、下手過ぎて足を引っ張るようなやつばかりだったら、そのパート全員メンバーから外すこともあり得るし。それに4月に新入生が入って来てその子が上級生よりも上手かったらメンバーに入ることもあるでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる