ここから本文です

新司法試験は旧司法試験よりも合格率が上がっているとの事ですが、それは旧試験は...

fyj********さん

2018/1/1415:05:24

新司法試験は旧司法試験よりも合格率が上がっているとの事ですが、それは旧試験は中卒でも受験できたのに新試験では法科大学院卒じゃないと受験できないルールになって、

記念受験層や馬鹿が受けれなくなったからですか?

閲覧数:
187
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kei********さん

2018/1/1710:11:33

適性試験で足切り→法科大学院入学試験で足切り→進級で足切り
となり、おバカさんは受験資格すら得られなくなります。
受験資格を得るのに、時間とお金がかかるようになりました。
合格率が上がるようになったのは当然でしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tun********さん

編集あり2018/1/1522:22:46

ロー修了生と予備試験を通った人しか受けられないので、法律的素養が全くない人が受けることはありません。
もっとも、ローを修了しても学部2年生レベルの人もいて、そういった人たちは記念受験と言ってよいと思います。
旧司法試験のときでも、帝京や亜細亜といったとんでもない大学から合格者が出ているので、大学名だけでははんだんできないでしょう。

pir********さん

2018/1/1512:08:58

馬鹿でも法科大学院に入学できるので馬鹿でも司法試験を受験できます。

法科大学院経由で司法試験に合格した人の出身大学を見ると、
北海学園大学、札幌学院大学、北星学園大学、東北学院大学、東海大学、日本大学通信教育、大東文化大学、中京大学、名城大学、京都産業大学、近畿大学、福岡大学等々です。

もちろん上を見れば東大卒とかいますが、それは宅建試験でも同じです。
宅建試験上位合格者は、三菱地所、三井不動産、メガバンクなど一流企業に勤めている東大卒、京大卒の若手の社員です。

普通誰でも受験できる国家試験の合格率は10%前後です。
宅建試験は15%くらい。行政書士試験は9%くらい。
しかし、司法試験は、実質上誰でも受験できるのに合格率が20%以上あります。法科大学院卒のための司法試験の第1回は合格率が48%でした。
今の司法試験は、このように合格率が高いので、行政書士試験に落ちて、司法試験に合格する人が続出しています(司法試験予備校が、司法試験受験生に行政書士試験受験を勧めているので、両方受ける人が結構います)。

誰でも司法試験に合格できる時代になりました。

qwb********さん

2018/1/1415:41:06

そうですね。

fai********さん

2018/1/1415:39:34

司法予備試験に合格すれば、中卒でも司法試験を受けられます。

単純に旧司法試験の方が問題のレベルが高かったからだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる