ここから本文です

中世ヨーロッパの人たちって、一生のうちに数えるほどしか風呂に入らなかったらし...

aki********さん

2018/1/1619:46:14

中世ヨーロッパの人たちって、一生のうちに数えるほどしか風呂に入らなかったらしいけど、
臭くなかったの?それに、フケとかアカとかアブラとかも凄かったと思うんですが・・・。

閲覧数:
316
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bot********さん

2018/1/1620:31:19

流石にそれはないかと
農村部は存じませんが、都市部だとパリやウィーンといった都市には10箇所以上の風呂屋があったそうです(農村部だと多分水浴びとかだと思います
ちょっと著作権的にはビミョーなんですが「生活の世界歴史」シリーズの6巻にありますんでスクショしておきます
日本みたいに毎日、ってわけではありませんがそれでも週1くらいで入っていたそうです

風呂に入らなくなるのは近世以降です
1つは都市の人口が増えて上下水道が追いつかなくなったこと
もう1つは風呂屋で売春などが盛んだった為、梅毒が流行したからです

流石にそれはないかと...

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lan********さん

2018/1/1717:42:49

嘘です。

実は黒死病流行前までは

公衆浴場がそこらじゅうにあったのです。

それどころか温泉街まで存在します。

mad********さん

2018/1/1622:28:15

そんなことないですよー。
それは古い研究。
今はそうではなかったらしいという学説が唱えられています。実際、風呂や公衆浴場を描いた画も色々あります。
これを参照して下さい。
http://www.medievalists.net/2013/04/did-people-in-the-middle-ages-t...
それから、中世ヨーロッパといっても場所によって習慣は色々で、イスラームの影響が強かったイベリア半島はハマムも普及していたでしょう。
石けんも中世にすでにマルセイユなどで作られていたので、体を洗う用途に使われていたと思われます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

na_********さん

2018/1/1622:06:58

当時風呂に入らないのは、世界共通
日本でも風呂に一般人が入るようになるのは、江戸時代中ごろから。
中世だと、風呂の習慣があったところは存在しません。

nep********さん

2018/1/1621:07:40

風呂桶にお湯を沸かすことはしなくても、暖かい季節に水浴びぐらいはしたでしょう。

仰る通り、さすがに不快さに耐えられないでしょうから。

hhh********さん

2018/1/1620:50:45

風呂に入る習慣のあった古代ローマでも、
任地で軍務中の軍団兵はそうは行かず、
天幕はそこそこにおいました。
でも、大スキピオが「週に一日は、
体を洗うこと!」を義務付けたので
他の国よりはマシでしたでしょう。


一気に風呂に入らなくなるのは、古代から
中世に変わるとき、キリスト教が蔓延してから。

蛮族の侵入に悩まされるようになっていた
ローマで、水道路が蛮族侵入を許している、と
いうんで、水道を塞いでしまいました。
さらに、古代のキリスト教は人前で肌を
晒すのを良しとしない。

さらに、個人で風呂を沸かすだけの
余力もなくなりました。大量の薪やら、
金属製の大なべなどが要るからです。
それをやる奴隷も、もういない。


そうなると、誰が風呂になど行けるでしょう。

こうして、入浴の習慣は急速に廃れていきました。


猛烈に臭かったものと思われます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる