ここから本文です

経理の事で教えてください。 最近事務の仕事に転職したのですが、簿記が全くわから...

pan********さん

2018/1/2016:14:54

経理の事で教えてください。
最近事務の仕事に転職したのですが、簿記が全くわからず困っています。

借方に 売掛金 貸方に現金
というのは、どういう意味があるのですか?

請求書など作った場合はこの仕訳になるのでしょうか?

もし、現金で入金が入った場合は
借方に 現金 貸方に売掛金
になるのでしょうか?

閲覧数:
183
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

uzg********さん

2018/1/2115:53:20

>借方に 売掛金 貸方に現金
というのは、どういう意味があるのですか?
その仕訳の元となった資料などを見れば正確なことが分かると思いますが、例えば売掛金の誤入金で現金を支払い売掛金を戻す場合にはその仕訳を切ります。

>もし、現金で入金が入った場合は
>借方に 現金 貸方に売掛金
>になるのでしょうか?
そのとおりです。


売掛金に関する正常な流れは、
商品を売り上げた:「(借方)売掛金(貸方)売上」
売掛金の入金があった:「(借方)現金など(貸方)売掛金」
です。

売上は商品を引き渡したときに計上するのが原則ですので、請求書を発行するとき自体は仕訳を切りません。ただ、実務では、請求書を発行するときに「(借方)売掛金(貸方)売上」の仕訳を切るやり方もおこなわれています。

質問した人からのコメント

2018/1/23 22:05:14

皆さまありがとうございました。一人の方を除き。
とても分かりやすくて勉強になりました。皆さまの回答でよくわかりました。もっと勉強していきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jdn********さん

2018/1/2111:30:54

会社と会社の取引の場合、掛取引が主体になります。
実務上では、請求書を作成する際は、得意先にもよりますが、原則として売り上げた商品の金額に消費税を加算した金額で請求します。
簿記3級の範囲では、消費税の処理は含まれていません。
少なくとも簿記のテキストを購入されるのならば、最低限簿記3級の商品売買の処理方法と簿記2級における消費税の処理の方法は必ず目を通しておくべきです。いきなり初学者が資産・負債・費用・収益の増減を書くんだと言われてもすぐには理解できないと思います。
しようがないから、最低限こう書くのだと形を覚えて、追々簿記とは、資産・負債・費用・収益の増減だということを理解していくしかないと思います。

具体例として、商品\1,980を売り上げ、代金は掛けとした。なお消費税は税抜方式(税込方式もある)である。としたとします。

まず(貸方)売上1,980
それから(貸方)仮受消費税158
最後に(借方)売掛金2,138
(借方)売掛金2,138/(貸方)売上1,980
/(貸方)仮受消費税158

売掛金を現金で回収した場合はいいのですが、実務上で振込入金の場合は振込手数料をほぼ売り手側が負担します。振込手数料は雑費で処理する会社もありますが、得意先が多い場合、支払手数料で処理する会社が多いようです。
テキストや問題集には、当座預金に売掛金が振り込まれた。という問題があっても振込手数料は売り手側で負担するという問題は出てきません。
テキストでは分からない処理があった場合、ネットで処理方法を確認する手もあります。

sg0********さん

2018/1/2021:19:02

資産・負債・収益・費用が科目の属性だと考えてください。
それぞれの属性が、左(借)と右(貸)にあるときの動きが違いますのでまずそれを覚えましょう。

資産⇒左だと増える・右だと減る
負債⇒左だと減る・右だと増える
収益⇒左だと減る・右だと減る
費用⇒左だと増える・右だと減る

借方に 現金 貸方に売掛金の例だと、資産である現金が左にあるから増える・資産である売掛金が右にあるから減る。
つまり、売掛金を現金で回収したという内容になるわけです。

科目がたくさんある中で、どの属性になるのか覚えるのは大変だと思いますが、実務をやっていれば自然に覚えるようになるので大丈夫ですよ。

aiu********さん

2018/1/2020:37:16

売掛金は、つけで物などを売った時の金額です。なので、請求書を発行したら、借方に売掛金、貸方に売上となります。
請求書の金額を現金で受け取ったら、つけのお金をもらったことになるので、借方に現金、貸方に売掛金となります。
簿記の基本で、資産、負債、収益、費用、それぞれに科目があって、この取引にはこれ、ということが決まってるので、そこを勉強されるといいと思います。

mon********さん

2018/1/2018:03:29

簿記の知識がないとなると 今のご質問が解決したとしても 次から次からもっと難解な仕訳が起きてくると思うのですが どうされるのですか?

その都度ここでご質問されるのですか?

まずはこれからどうして業務を進めて行かれるのか? 基本的な方向付け早急にされた方が良いと思います

m_f********さん

2018/1/2016:38:23

>借方に 売掛金 貸方に現金
というのは、どういう意味があるのですか?

あまりない仕訳ですよね。
掛で売上を計上する場合

(借方)売掛金/(貸方)売上

のように仕訳します。
そして、支払われた場合

普通預金/売掛金(普通預金に振り込まれたとき)

現金/売掛金(現金で支払われたとき)
のように仕訳します。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる