ここから本文です

内窓、インプラスを検討しています。 現在設置しているサッシは普通のペアガラ...

mog********さん

2018/1/2202:27:38

内窓、インプラスを検討しています。

現在設置しているサッシは普通のペアガラスです。結露はほとんど見られないのですが、木造一軒家のため気密性が低く寒いです。地域は大阪ですが山手なの

で2度ほど気温が低いと言われています。断熱効果を是非とも上げたいです。

また近所の子供が騒がしいので防音効果も気になるところです。正直、防音のほうが切実です。
そのため、ペアガラス(Low-E)にするか単板5ミリにするかで迷っています。Low-Eは断熱も防音も優れていると業者さんに言われましたが、防音はいまいちとの情報も耳にし混乱しています。
また防音効果をあげるには対象の部屋全てに設置しないと意味がないでしょうか?一部窓が内倒しなので内窓は設置できないとのことです。

ペアガラスか単板か、どちらが良いでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

閲覧数:
1,050
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kok********さん

2018/1/2217:31:23

我が家も、既存のペアガラスに、うち窓施工を実施しましたので、その実体験に基づいて回答しますね。

まず第1優先と位置づけられている「窓の防音」について。
これについては物理的に「ごつい」もののほうがよく効きます。
ガラス厚でいうなら 3mm < 5mm <8mm といった感じです。

我が家の場合は、既存が3mmのペアでしたので、単板5mmにしました。
効果は「抜群」です


次に断熱ですが、これに関しては、既存窓との間にどれだけの空気層(すなわち間隔)をあけてうち窓を設置することができるか? がきわめて重要です。
推奨は5cm~10cmです。これぐらい確保できるなら断熱は単板で十分です。
特に、既存窓がペアガラスなら断熱に関しては十二分な性能になると思います。

ただし、強烈な西日が差し込む等に対応したい場合には、遮熱コーティングがされたものを選択されるとよいでしょう。

うちの場合には、上記を考慮して5mmの単板にしました。
防音も断熱も、なるべく多くの窓に設置したほうが効果あがります。

ですので、5mm単板にして単価を下げて、その分設置する窓を増やす というのが賢明と思います。


ちなみに、取り付け作業はきわめて簡単で、うちの高校生の子供でもできました。
ですので、DIYでさらに費用を抑えるのがお勧めです。

私のお勧めはここです。
http://www.sakaearumi.co.jp/detail.php?id=602

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kfa********さん

2018/1/2211:18:42

こんにには。

Low-Eを使用するのであれば、基本的に、南側の窓を『遮熱』(夏の西日が気になる場合は西側にも)、その他の窓を『断熱』にするのが良いと思います。

一番重要視されている防音ですが、『同じ厚みのガラス』ですと共鳴して音を通しやすいと聞いています。
ですので、既存のペアガラス(複層ガラス)が『3mm+3mm』だった場合は、5mmのガラスを含む、単板・複層・Low-Eのガラスが良いと思います。

おそらく、Low-Eは防音がいまいちという情報は、既存のガラスと同じ厚みの場合を想定しているのではと思います。
例えば既存複層ガラスが、3mm+3mmの場合で、Low-Eガラスにする場合
●×Low-E3mm+3mm → ●◎Low-E5mm+3mm
というように考えてください。

寒さ対策として、窓サッシの開口部が一番影響がある部分ですので、内窓にすると気密性も上がり効果は大きいです。ですが、他にも重要な点があります。
断熱材は正しく施工され、気流止めも施工されているかという点です。
一般的な木造住宅では、気流止めは必要ないという、間違った考えが常態化しています。(知らない業者さんのほうが圧倒的に多いいようにも感じます)

内窓で気密性と断熱性を高くする場合は、冷暖房をよく使用する部屋は特に注意してください。温度差と湿度の関係で、壁内結露が発生することがありますので、冷暖房をよく使用する部屋だけでも、最低限『気流止め』の確認はしたほうがいいと思います。

ave********さん

2018/1/2209:21:37

宮城のサッシ屋です。一部屋の 開口部 全部した方はいいでしょうね。ペア硝子の内窓。そして内外の 硝子の厚さを 変えます。内窓で 普通ト-メ-なら 3mm 3mmの ペアですが、3mm 5mmのペアにします。透過周波数が違うので いくらか防音効果は 上がります。 Low-Eだ たしかに 遮熱とか断熱は いいでしょうが、部屋の中が 温まった状態を 外部に 逃がしにくい。しかし ス湯葉 たいようの 熱を 反射してしまうので せっかくの 太陽熱を 押さえてしまいます。夏の 暑い日差しには いいと思います。地域性で 変わります。 後 内倒し窓ですが、内窓の FIXを 内倒し窓が開けられるW・Hで 作れば 夏は FIXの障子のみ外しておけば 開けられます。内窓の取付は一回り大きくしないといけないので、多少 木枠の工事が必要になると思います。ペア硝子が いいと思いますが、お考えの上 決定してください。

cbn********さん

2018/1/2208:04:19

☆、寒さを回避するには建物の気密性を上げて、サッシからの寒さを
防ぐことことが適正な対策です。既存サッシが断熱仕様でないので、
窓内側に「後付樹脂サッシ」設置は、防音の効果も良い検討策です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる