ここから本文です

人間は本来は草食性の生き物なのでしょうか?

nit********さん

2018/1/2314:54:26

人間は本来は草食性の生き物なのでしょうか?

いわゆるヴィーガン(完全菜食主義者)によれば
人類は本来、草食性の生き物なのだそうです。
私達の祖先は、木の実や漿果類や果実を食べて
生きてきたそうです。

しかし、実際には品種改良される前のナッツやフルーツは
大変不味いものが多いです。
アーモンドは昔は渋いもの(桃や梅の種子のような味)が
したし、柿も渋柿です。
栗のようなものは一部にしか分布していません。
他にでん粉の多いものは熱帯のサゴヤシでしょうか。

現代の地球で原始的な生活を送っている人は
ヤムイモやキャッサバなどを原始的に栽培する
人達か、アフリカのピグミーのように
野獣を狩猟して周辺の農耕民と芋類を交換するような
人達ばかりです。

むしろイヌイットや砂漠の遊牧民など
動物性食品に依存している民族の方が多いぐらいです。

詳しい方、教えて下さい。

補足今から1万年前に原始的な農耕や牧畜が始まり、
日本では縄文時代となり土器が使われるようになりました。

では、それ以前の食生活はどうだったのでしょうか?
ニューギニア人は「石蒸し料理」で葉っぱ類を
蒸して食べています。ニューギニア高地には
獣も魚もなく、ニューギニア人は豚を飼育し、
普段はカエルやゴキブリ(おが屑を食べる種類の
ゴキブリ)、クモなどをたんぱく源に食べていました。

イヌイットのような食生活は、いつ
誕生したのでしょうか?

なぜ地球には広い範囲で、山羊・羊・ラクダ、
そして牛のお乳を飲んで暮らす人間が
いるのでしょうか?

考えれば不思議です・・・

閲覧数:
430
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

2018/1/2322:53:08

人間の体は、完全な植物食や完全な動物食をすることは一応可能ですが、雑食性であるほうが適応的です。
人間はネコなどの肉食動物と違って発達した臼歯を持っており(一方、犬歯は退化しつつある)、それは食物線維を多く含む植物性食物を磨りつぶすためであり、したがって人間の体は、完全な動物食式ではありません。
また、動物性食物には糖質やビタミンCはごく微量しか含まれていません。赤血球などはエネルギー源として脂肪酸もケトン体も利用できずグルコースしか利用できないため、肉食動物は動物性食物中の蛋白質を体内でグルコースに変換しているのですが、これはエネルギー的にとても効率が悪いことですし、動物体の中でビタミンCを比較的多く含んでいるのは肝臓ですから、完全な動物食をするためには、かつてのイヌイットの人々のようにそれをたくさん(しかも生で)食べなければなりません。
それに、完全な動物食をするためには死肉あさりだけでは駄目で、肉食動物のようにすぐれたハンターにならなければなりませんが、走っても時速36km以下の人間の身体能力はハンター的ではありません。
逆に完全な植物食をやろうとすると、これまた栄養学的不利に陥ります。
ビタミンAやビタミンDは動物性食物のほうが豊富ですが、この点については、プロビタミンAであるカロテンを植物性食物から、ビタミンDをキノコから摂取するという方法があります。ビタミンB12は、動物性食物にしか含まれていません(じつは海草中にわずかに含まれていますが、世界中で海草を食べる民族はとても限られています)。それでも意外にビタミンB12欠乏症が少ないのは、腸内細菌がビタミンB12を合成しているとか、植物性食物にビタミンB12やコバルトを含んだバクテリアが付着しているからだという話があります。
こうした話以上にわたしが強調したいことは、植物性食物だけでは鉄欠乏になりやすいということです。植物性食物にも鉄分は含まれていますが、それは非ヘム鉄であって吸収率が5%程度とかなり悪く、対して動物性食物に含まれているヘム鉄は吸収率が20~40%と高いです。だから、完全な菜食主義者では鉄欠乏性貧血になりやすいのです。
人間では「排卵の隠蔽」があり、外見的には繁殖期がわかりにくくなっています。そのせいで、子孫を残すためには男女は頻回に性交しなければならず、そうすると子宮が不浄になりやすいです。女性における月経の生物学的意義は、定期的に子宮内膜を免役細胞を含んだ血液で洗い流して浄化し、健康的な受精に備えることだという新説があります。いずれにせよ、人間の女性では月経という頻回かつ多量の出血が起こり、そのために鉄欠乏性貧血になりやすいのです。この貧血は慢性的であるため自覚症状が乏しいのですが、重度のことが少なくなく、子宮筋腫の合併でもあれば、時に輸血が必要なくらいになるほどです。
というわけで、人間では雑食のほうが望ましい(雑食というと下賤な感じですが、よく言われるように、好き嫌いなくなんでも食べるのがよい)と考えます。

質問した人からのコメント

2018/1/29 20:50:23

皆さま回答ありがとうございました。

どれも勉強になりましたが
「排卵の隠蔽」「月経がある理由」が
とても興味深かったので、
この答えをベストアンサーにいたしました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2018/1/2520:23:13

熊や狼も果物を食べますが、彼らが草食獣だと言えるでしょうか。

我々は雑食動物ですが、これは何でも食べられるという意味ではありません。
雑食というのは何でも食べなければ生き延びられない生き物という意味でして、肉、植物、両方に頼らねばすぐ絶滅します。

kot********さん

2018/1/2417:52:25

必須アミノ酸というものがある(一部のアミノ酸を体内で合成できない)ヒトという生物が、菜食だけでどうやって生きてきたというのでしょう?
今でこそ大豆由来のものなどがありますが、昔はそういうものも無かった訳ですからね。
貴方が悪いわけではないですし、貴方を責める気はありませんが、そういった部分に思い至らないような主張があるのは正直不愉快ですね。

確かに、果物食系のサルが由来なのではないかとは言われますが、その場合でも昆虫食などを経由して現在のような雑食になったのは確かですし、積極的に猟or漁はしないにしても、道具などを用いて骨髄を食べるというスカベンジャーとしての面も持っていたとされています。

txr********さん

2018/1/2413:22:30

そんなの簡単にわかる。
人の歯を見れば、雑食性以外考えられない。進化の結果、今の歯の形なんだから、疑いようがない。

>人類は本来、草食性の生き物なのだそうです。
私達の祖先は、木の実や漿果類や果実を食べて
生きてきたそうです。

こんなのでっち上げですよ。なんの科学的根拠もない。
そもそも人が脳を肥大化さえ、知能を持つという進化ができたのは肉食よりの雑食で効率よくエネルギーを得られたからです。完全な草食では今の人間の大きな脳を十分機能させるだけのエネルギーを得られず、知能が進化することはなかった。

今みたいに、金さえ出せばたらふく食えるような時代なんてここ数十年だよ。

gat********さん

2018/1/2318:06:16

雑食です。

アメリカ栄養士協会は、充分考慮されたヴィーガンの食事は「妊娠期や授乳期を含む、ライフサイクルの全ての段階において適切」としており、動物性食品を摂らなくても問題がありませんし、むしろ健康になります。

このように、動物性食品を摂らなくても問題がないこと、動物と人間に決定的な違いはなく動物を殺すことは殺人と同様に不正であることから、畜産は即時廃止すべきです。

nya********さん

編集あり2018/1/2316:51:21

人間は、農耕時代を築くまでは狩猟採集時代で木の実や狩猟で生きてきました。
狩猟採集時代は数十万年ぐらい。(確か)
中国4000年の歴史も及ばないぐらいに長い時代です。
DNA構造も、その時代からそう簡単に変わるはずありません。
医学的にも、狩猟採集時代の食生活が人間にとっての健康な食事バランスとされています。

今は健康思考により、畜産を含めた農業全体が見直されています。

肉食ガ〜とか言う人は、小学校からやり直せと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる