ここから本文です

摂取依存を例に比較した場合、競輪競馬などの公営ギャンブルは、タバコ。 パチン...

pac********さん

2018/1/2322:33:39

摂取依存を例に比較した場合、競輪競馬などの公営ギャンブルは、タバコ。
パチンコは、覚醒剤ですか??

ギャンブルをやめられない「ギャンブル依存症」が疑われる成人(75歳未満)が全国に約320万人(3・6%)いると推計されることが29日、久里浜医療センターなどの研究班の全国調査で分かった。諸外国のこれまでの研究結果と比べて高く、研究班代表の松下幸生・同センター副院長は「単純比較はできないが、パチンコなどギャンブルが身近にありいつでも利用できる環境が影響している可能性がある」としている。

調査は5~6月、全国の20~74歳の男女1万人を対象に行われ、4685人が面接での調査に回答した。

このうち、過去1年間に限ってギャンブル依存症が疑われたのは0・8%(32人)で、日本全体では約70万人と推計される。男性1・5%に対し、女性は0・1%だった。平均年齢は46・5歳で、掛け金は1カ月平均で約5・5万円。最もお金を使ったのは、パチンコ・パチスロ(26人)が突出して多かった。

閲覧数:
17
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

doraty_comさん

2018/1/2610:29:04

凄いなヘタレの調査力は

ただしヘタレ7970の好きな様に抜粋してるか
上っ面だけで全体を見ていない

平成25年度に厚生労働省研究班が行った依存症に関する調査では
「4.8%」とされていたのですから
その調査では3.6%に下がったのか・・・

その検査はSOGSテスト
依存症になるべき回答を求めているかな

更に調査時点で例えば
10年以上前のギャンブル等の経験についても評価されている

よってここ1年の結果は0.8%となって発表されているのだが

それはここでは表現されていない

そうなればパチンコは実に健全な遊技だな
(大笑)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2018/1/2404:09:54

物質嗜癖(煙草・お酒・覚醒剤など)も行動嗜癖(ギャンブル・ネット・ゲームなど)も関係嗜癖(共依存など)もすべて似たようなものです。
ただしギャンブルや課金ゲーは、他より少々依存性が高いと考えられます。なぜなら、行動(パチスロのハンドル回しなど)に対して必ず報酬(金銭・商品)を貰える物より、ランダムで報酬が得られたり得られなかったりするほうが、射幸心を煽られ依存度が高くなるからです。

ギャンブル依存・ニコチン依存・アルコール依存・覚醒剤依存は共発しやすいとされています。ですから、競馬もパチンコも煙草やお酒に似ていると思います(違法ではないけれど質が悪いという点で)。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる