ここから本文です

首都圏で「社会崩壊型」モデルに落ちた幸手市はトップクラスの「人口減少社会」モ...

den********さん

2018/1/2408:26:45

首都圏で「社会崩壊型」モデルに落ちた幸手市はトップクラスの「人口減少社会」モデルから高齢化による「貧困型社会」モデルの市へ落ちて財政が底を着きインフラの崩壊により都市水害が広範囲に拡大する
.

★幸手市が「社会崩壊型」モデルの危険な街に落ちてきたのはなぜだろう?

〇幸手市が埼玉1の消滅可能都市へ転落
消滅可能都市は危険な街の格付けで幸手市62.7%の若年女性消滅度は、青森県ワースト2位のつがる市に住んでいるのと同じ驚き、
若年人口減少が恐ろしい勢いで(1995~2018で0~49歳が4割減少・若者0~24歳が半分も減少)東北地方の過疎化と変わらない街で恐ろしい「人口減社会」モデルの幸手市は、いずれ若年人口は1/3(1995~2040)に縮小することから人的資源が消えてしまい自治体も消滅すると言われている「消滅可能都市を参照」

〇幸手市が埼玉ワースト2位の「貧困型社会」モデルの市へ転落
「人口減社会」モデルの幸手市が埼玉1の高齢化の市に転落して若年人口が押し下げられた結果、人的資源が減少して「貧困型社会」モデルに落ちている

マスコミの貧困特集では首都圏でスラム化の恐れのある街に幸手市が取上げられて貧しい世帯が4割近くも暮らす(平均年収294万・下落率3%・300万未満の世帯が37%)地域に落ちて負のスパイラルが止まらない、

※豊かさを示す一人当たりの市民所得ワースト2位の貧乏な市に転落、
※役場の財政力指数はワースト3位で失業率ワースト1位と底を着く
※担税力は幸手市・春日部市が最下位クラスで赤字転落が噂される

〇幸手市は劣化したインフラが崩壊し都市水害の街へ
幸手市では宅地化による鉄砲水で中小河川の氾濫が広範囲に及んでいる
財政難からインフラの崩壊が進む中、都市水害の対策も無く放置されてままで
住民の生命財産が侵され始めた「社会崩壊型」モデルの市へ転落している

若年人口の減少から生徒児童数が1/3近くに減少して学校の閉校も激しく5校が閉校し2校が解体と末期的な学校インフラの崩壊も進む

〇幸手市に取残されたニュータウンの下流老人
「人口減少社会」モデルの幸手市は東京駅まで通勤に2時間もかかる遠隔地のニュータウンが役割を終えてしまい
住宅都心回帰により都心通勤者は半分も激減して都内通勤者の割合は13%
に落ちて地域最下位、ここで育った郊外二世の子供達も交通不便を嫌い、優秀な子供から都心部へ移動し、更に老朽化したニュータウンから中間所得層や共稼ぎ世帯が都心部へ逃げ出し、残されたのは下流老人ばかりとなってしまい
埼玉県ワースト2位の貧乏な市に落ちている、圏央道周辺のニュータウンは全般的に同じ傾向のようで一斉に寂れ始めている「消滅可能都市・高齢化は圏央道周辺地域に集中」

〇首都圏では東武伊勢崎線・日光線沿線から崩壊し始める
政府系機関の資料では生産年齢人口が36.1%減少し、神奈川方面と対比して首都圏鉄道沿線ワースト1の地域のようで発展は越谷までで春日部市・幸手市の衰退が目で見ても分かるほど激しく進んで若年人口が半減しそうだ

〇高齢化で空家が1/3と過剰となり地価46%下落する
経済レポートによると高齢化で空家が1/3と過剰となり地価46%下落すると予想されている、幸手市の行き過ぎた高齢化は地価下落のリスクも懸念されている、当時5千万で買った建売が既に1千万に落ちて、空家が1/3の過剰となると500万まで低下し家屋資産は1/10になってしまう懸念がありそうだ
地方の建売価格が2千万としても売家を500万で仕入れないと営業が成り立たない、築40年の空家は解体して建売にして販売する事が多いからだ

〇埼玉県民の「郷土愛は全国最下位47」
郷土愛は恐ろしい程低く、老人が支配する幸手市は転居意向が3割と埼玉で住みたくないワースト3の市でニュータウンには下流老人だけが取り残されている、食品スーパーのフードコートの座席は老人が居座り溢れている、安かろう悪かろうの貧困の街が埼玉県には多い

★単なる税収目的しか残っていない「社会崩壊型」モデルの市は都市水害などで苦しむ確率も高い、埼玉県民として安全で公共の福祉の高い街はどこなのか、経済レポートなど「客観的な資料」をWeb検索で確かめて見よう

補足Web検索資料1 「都市水害」
※1.「幸手市の水害」→Yahoo動画で検索 「幸手市の水害写真が確認」
※2.幸手市100年問題→検索 東武日光線で危ないニュータウン→検索

Web検索資料2 「郊外人口減少・貧困化・伊勢崎線沿線の衰退」
※5.(市町村名)space五歳→で検索すると五歳別人口グラフで詳しい資料
※6.消滅可能都市→検索で全国の市町村が閲覧可、数値は若年女性減少率
※7. 住宅都心回帰の流れと埼玉県経済→検索 埼玉県の人口問題
※8.東武伊勢崎線沿線地域の予測→検索 伊勢崎線沿線の人口減問題、
※9.東武・伊勢崎線エリアが、都市部の「人口減社会」モデル→検索
※10.都市圏でも人口2割減 →検索 沿線の人口問題、マネー研究所
※11.スラム化する郊外とマンションの「現在」→検索 郊外の衰退
※12.彩の国統計情報館→検索 埼玉県の市町村人口など基本データー
※13.埼玉県で住みよさランキング1位 白岡市→検索

★下記の写真は幸手市の大雨で車のボンネットまで浸水した、幸手駅から東に真っすぐ下った東2丁目の大堰橋・ジョイフルレストラン近くの中央公民館前一帯で最近は26.10・27.09.

何度も都市水害が起きている「社会崩壊型」モデルの市でもある

幸手市,ニュータウン,若年人口,空き家,都市水害,老人,幸手

閲覧数:
351
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

apo********さん

2018/1/2612:12:43

いまどき埼玉県の遠くの田舎にはもう誰も住まなくなっている

老人ばかり集めても、不良債権を抱え込んだ一時期の地方銀行と同じで破綻するのは当たり前、 預金取り付け騒ぎのように、逃げられる事の出来る人からいなくなる

だから若者は消えて老人だけが取残されてしまう、幸手だけでなく春日部駅前もえらく廃れて恐ろしいほどだ

郊外の街が典型的な過疎の街に変わってきたようだね

いまどき埼玉県の遠くの田舎にはもう誰も住まなくなっている...

  • この返信は取り消されました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2018/1/26 14:31:29

幸手市のインフラが崩壊したのかお金が底を着いて改良できないのか

最近では都市水害による浸水被害が広範囲に及び初めている

若者が住みたくない街から若者が住む事すら出来ない都市水害の街へ落ちて

高齢化に耐えかねた街はお金が底を着き始めたのか、何も出来ない・何も説明出来ない「社会崩壊型」モデルの自治体にまで落ちてきた

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる