ここから本文です

タクシーを利用した際、運転手の方が領収書を持っていないが、利用者本人は料金を...

yu_********さん

2018/1/2422:51:02

タクシーを利用した際、運転手の方が領収書を持っていないが、利用者本人は料金を払わなくてよいのは、民法何条と何条によるものですか?

閲覧数:
67
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2018/1/2521:07:18

>>民法何条と何条によるものですか?

次の条文と判例です。

(受取証書の交付請求)
民法第486条
弁済をした者は、弁済を受領した者に対して受取証書の交付を請求することができる。

大審院民事判例集20巻3号163頁大審院第三民事部判決昭和15年(オ)第918号強制執行異議事件
⇒大審院判決において、弁済と領収書の交付の同時履行を肯定

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる