ここから本文です

保険に関して。

アバター

ID非公開さん

2018/2/102:02:57

保険に関して。

年収400万です。妻は専業主婦で子供はこれからです。
現在、生命保険と医療保険で一万円支払いしています。

貯金では頼りないので今後の資産形成として、年金保険や確定拠出年金、ドル建て終身保険などどれにしようか迷っています。
予算も決まってるわけではない。

自分達の考えが重要ですので、どれが正解というものでもないと思いますが。
ご意見頂きたいところです。

よろしくお願いいたします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
253
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

末次祐治さんの画像

専門家

末次祐治さん

2018/2/109:54:23

福岡の経済的幸福度の貢献するファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。

老後の資産形成が目的ということなら、優先的には確定拠出年金でしょう。税制優遇が他とは比べ物になりません。れそだけ有利な制度です。個人型なら、口座管理手数料がもっと安い運営管理機関(金融機関)でも167円(初期で1回のみが2777円)かかりますので、どこの金融機関で口座を開設するかも重要です。
以下などご参考ください。
http://dcnenkin.jp/search/commission.php


一方、60歳までは引き出しができない制度となりますので
これから、お子様の誕生など色々なお金がかかるとは思いますので
無理のないように掛け金の設定をすることが重要です。

掛金は、年1回変更可能です。また2018年から年単位での払うことも可能になりました。

以下のブログをご参考ください。
https://wiselife.biz/fp/ysuetsugu/column/3429


また、年金保険やドル建て終身保険など保障を確保しながらの資産形成も保障を重視した資産形成ならば確定拠出年金と併用して、バランスをみて設計することがよろしいかと思います。

保障は掛け捨て型で安く準備して、残りを資産形成にまわす方法
保障も資産形成(積立型)しながら、確定拠出年金も併用する

繰り返しになりますが、今後のライフプランを組んで無理のない後で変更する場合も対応できるように今はしておかれたらいかがでしょうか?

お子様が産まれたら、教育資金の準備、マイホーム取得など環境が変われば、お金もかかりますので。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

末次祐治さんの画像

末次祐治

ファイナンシャルプランナー

確定拠出年金とライフプラン見直しのプロ

あなたの「経済的幸福度」のアップに貢献するために、 年金・保険・住宅ローン・教育資金・資産運用など 一つ一つの手段をお客様の志向に合ったライフプラン に仕上げ、トータルかつワンストップで対応。 (事業内容) ・ ファイナンシャルプランニングに関わ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jaz********さん

編集あり2018/2/719:18:49

サラリーマンの方が老後資金の備えとして金融商品を選ぶ場合、確定拠出年金がオススメです。ただし、60歳まで引き出せなくなる事に注意は必要です。
(自営業の方であれば少し変わります)

他の貯め方と組み合わせるのが良いと思います。

その場合、年金保険や終身保険はあまりオススメできません。
途中で払えなくなる方がとても多いと聞いているからです。

確定拠出年金であれば途中で掛金を止める事も可能です。

今年から始まった、つみたてNISAも検討されると良いと思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる