ここから本文です

元名古屋軍のノース投手を知ってますか?

アバター

ID非公開さん

2018/2/420:46:59

元名古屋軍のノース投手を知ってますか?

1936年

ノース投手・・・六尺もある長身、サザン・パシフィック・リーグのパラマウント軍で活躍していた十字火球が得意だというが日本ではスピード、カーブ、コントロール共に余りパッとしない、あれが真の力じゃないのだろう。

閲覧数:
19
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ray********さん

2018/2/508:35:42

知らなかったので調べました。

マッキンリー高校を経て、パラマウント映画撮影所の野球チームであるパラマウント・カブスにて主戦投手として活躍した。

1936年、バッキー・ハリス、高橋吉雄と共に名古屋軍結成時の外国人三人衆の一人として入団。

1936年4月29日の対大東京戦(日本プロ野球公式戦最初の試合)で先発牧野潔(1死も取れずに1失点で降板した)の後を受けて登板し、被安打9、与四球10、失点4ながらも、日本プロ野球公式戦最初の勝利投手になっている。

身長180cmの当時としては大柄な体格から、横手投げのクロスファイアの球を投げることから、「十字架火投手」と呼ばれて親しまれた。

また、大きなドロップカーブが決め球だったと伝わる。

しかし、58回1/3の投球回で与四死球59と制球難にあえぎ、更に日本での生活に馴染めなかったことから、1936年春季シーズン終了後、退団した。

退団後はハワイに戻り、地元のハワイリーグ(ワンダラーズ、ブレーブス)でプレーした。

通算12試合登板。
2勝5敗。
防御率6.48

背番号
5 (1936年)

アバター

質問した人からのコメント

2018/2/5 08:39:01

うひょああああ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる