ここから本文です

第二次大戦の中国戦前で少なからずの餓死者が出たのはなぜでしょうか。 中国は...

tad********さん

2018/2/1022:03:41

第二次大戦の中国戦前で少なからずの餓死者が出たのはなぜでしょうか。

中国は穀倉地帯です、日本軍の現地調達も十分可能な地域なのですが餓死者が結構出ているようです。

南方戦線やミャンマーなら分かるのですが、何故中国でも病死餓死があったのでしょうか。

閲覧数:
33
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

2018/2/1110:24:07

戦場に置ける餓死とは病気や戦傷の合併症が直接の死因である事が殆どで、インパールやガ島の様にただただ飢えきって死ぬ例は少数です
いくら中国が広くても何年も停滞した戦線が摘発だけで続く事は無い訳で、補給が滞ったり現地で不作だったりしたら途端に飢えてしまいます
前線の兵士もタダで死にたくはないので何かしら口に入れてるのです カエルだろうが馬の餌料だろうが しかし健康的とは言い難く体力や思考力は落ちていきます
しかも戦場っていうのは何週間も風呂に入れない事は普通でとても不衛生な環境です
そうした状況で怪我とか病気をして野戦病院に入ると、まず患者は免疫力・抵抗力がまったく無いのですね
栄養失調の怪我人が風邪の一つでも引いてみれば、体力が無い訳ですからそれだけでコロッと逝ってしまわれるのです
これが戦場に置ける餓死・病死です まあしっかりした補給と適切な衛生部隊があればこんな事は本来起きません
摘発する物資が無い、病院も無い、援軍も無い、補給も無い、マラリアはあるという南方戦線がいかに地獄だったかよく分かりますね

質問した人からのコメント

2018/2/12 21:16:14

回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mek********さん

2018/2/1022:22:30

”温故1942”で検索してください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる