ここから本文です

SAIのアルミの事で質問してご指導を頂いたものですが 終了した後で気が付いた事...

ins********さん

2018/2/1223:41:29

SAIのアルミの事で質問してご指導を頂いたものですが
終了した後で気が付いた事が有りまして再度投稿させていただきました。

SAIに的確なアルミのサイズ は確認出来てタイヤ外径比較も教えて頂きましたが
幅サイズはどこまでのサイズが干渉無く装着可能でしょうか?

度々申し訳ありません。
ご教示お願いします。

<タイヤ外径>
純正:215/45R18 外径650mm (±0%)
候補:235/35R19 外径647mm (-0.5%)
候補:245/35R19 外径654mm (+0.6%)
候補:245/30R20 外径655mm (+0.8%)
候補:255/30R20 外径661mm (+1.7%)

19インチの場合は235位が無難でしょうか

この質問は、ste********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
64
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ste********さん

リクエストマッチ

編集あり2018/2/1306:53:25

いずれもリム幅8.5インチに装着することを前提にリストアップしました。以下、各タイヤサイズに応じた標準リムと適合リムです。

純正:215/45R18
→標準リム7.0インチ 適合リム7.0-8.0インチ

候補:235/35R19
→標準リム8.5インチ 適合リム8.0-9.5インチ

候補:245/35R19
→標準リム8.5インチ 適合リム8.0-9.5インチ

候補:245/30R20
→標準リム8.5インチ 適合リム8.0-9.5インチ

候補:255/30R20
→標準リム9.0インチ 適合リム8.5-9.5インチ

上記ではリム幅8.5インチが標準リムであるケースが多いですよね。カタログに記載してあるタイヤ外径とタイヤ総幅は標準リムでの計測値となっています。もしもリム幅8.0インチを選ぶ場合、255/30R20を除いて装着可能ということになります。リム幅とタイヤ幅の関係はこのようになっています。

当たるかどうかは実測して判定します。車高やアライメントやタイヤ銘柄によってかなりツラの出方が変わってしまうからです。心配な場合は、19インチであれば「235/35R19」を選むのが無難かもしれません。235/35R19のデメリットとしては、245/35R19に比べて縁石等でのガリ傷がつきやすいことです。なので、できる限りリムプロテクター(リムガード/リムプロテクトバー)の張り出した銘柄を選んだ方がいいです。超偏平タイヤを履くことの最大のデメリットは乗り心地でも燃費でもなくこの「ガリ傷」だと思います。しかし245/35R19の方がマシな程度で、いずれにしても段差縁石には細心注意が必要な毎日になります。

わたしはガリ傷防止の観点でリムプロテクターが大きいタイヤを好みますが、フェンダーへの干渉防止を最優先するあまり、できる限り幅の狭いタイヤサイズでリムプロテクターの小さいタイヤを好む人もいます。さらには幅の狭いタイヤを適合外の幅広リムに引っ張って履かせて(超引っ張りタイヤ)、ホイールでツライチにします。これを「リムイチ」などと呼んだりしますが、邪道であり危険でもあります。引っ張りタイヤにするにしても適合リムの範囲とするのが鉄則です。

それから見た目ですが245/35R19の方が逞しく見えると思います。とはいえこの点はユーザー本人にしかわからない程度のものだと思います。
同じタイヤサイズでも総幅が異なりますので、タイヤカタログをご参考にしてみてください。

その他、ご不明な点があれば追加でご質問いただければと思います。

  • 質問者

    ins********さん

    2018/2/1312:41:15

    度々丁寧な説明有難う御座います。
    大変参考になりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる