ここから本文です

駒落ちのスペシャリスト 灘 彼は、ワシの両桂に勝てば四段だ。 こう言っ...

sug********さん

2018/2/1301:02:07

駒落ちのスペシャリスト



彼は、ワシの両桂に勝てば四段だ。

こう言って、灘vsアマの四枚落ち対局が開催され、灘の11勝1敗の成績。

灘は、こうも言いました。

アマ初段相手

なら、ワシは八枚落ちでも勝てると。

八枚落ちなら、アマ初段なら棒銀でくるから、灘定跡で勝てる。

しかし疑問が。

それなら、灘は、なぜ、アマ初段と八枚落ち対局を1局もしなかったのですか?

例えば10人のアマ初段と対局し、本当に八枚落ちで勝てるか?

アマ初段が、二歩とかの反則とかなければ、俺の予想では10連勝するでしょう。

アマ初段は、そこそこ将棋が強い。

初段相手に、金2枚と歩だけで、どうやって勝つのか?

四枚落ちは、両桂を攻撃に使えます。

アマでも、四段以上ないと、本気のプロ相手に両桂の攻撃を防ぐのは厳しいと思います。

しかし、両金だけで、アマ初段の守備を崩壊するのは、どう考えてもあり得ない、としか思えない。

そこまで言うなら、なぜ、アマ初段相手に実戦をしなかったのですか?

実際に、例えば10局指して、例えば8勝2敗なら納得出来ますが。

閲覧数:
122
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2018/2/1320:40:59

実際の勝負としては、やってはいけない類だと思います。
将棋にどっぷりつかったアマ四段ならともかく、アマ初段を八枚落ちでやっつけてしまったら、将棋やめちゃいますよ。
灘九段も、アマ時代ならともかくプロですからファンを減らすようなことをしたらまずいでしょうし、将棋雑誌も、ファンあってこその商売です。
灘九段が負けてくれたらいいですけれど、そうでなければ読者を一人失いかねません。
そんな企画は通らないと思いますね。
(ここでいうアマ初段って、もちろん24の初段とかでなくて、甘めの道場初段のことですが)

まあそれはともかく、駒落ちで真剣勝負をしようとしたら、その手合いをどうするかというのも勝負のひとつです。
四枚落ちと八枚落ち、いや、六枚落ちとでも、ものすごい差がある事は分かっていらっしゃるでしょう?
六枚落ちの難易度を10、二枚落ちの難易度を90としたら、四枚落ちは50ではなくて70とかでしょう。
三段、四段相手に四枚落ちで勝てるからって、アマ初段に六枚落ちはかなり厳しいはずです。
アマ初段の方も、六枚落ちなら、たとえプロとでもいい勝負のはずと思っています。
そう思っているアマ初段を相手にするから
「八枚落ちなら、アマ初段なら棒銀でくる」
という言葉が出るのです。
これは、多分、妄想でもなんでもなく、実際に経験豊富だったのでしょう。(プロになる前に)

ひとつシミュレーションしてみましょうか。
六枚落ちでお願いしますと言ってくる相手に、いやいや八枚でやってみましょう、とこういくわけです。
六枚ならともかく八枚落ち、こんなもの一気に潰してしまえる、そう思ってしまうから一直線に棒銀で行こうとするわけですね。
観戦者がいるならなおさらです。これでも初段だっていうプライドがありますから、格好良く勝とうとする。八枚落ちって言われたけれど、本当は六枚落ちで勝負になるくらいは力があるはず。八枚落ちなら綺麗に勝ちきって見せられる、そう思うものです。

飛車先を切って、棒銀繰り出して快調快調。なんか玉が上がってきてたけどそこはアマ初段。銀が進めば攻めは成功と信じて1三銀成。どや。香車も桂馬もおらんからこっちへ成れるで、これで次に垂れ歩からと金作れそうやし大成功や!(図1)
とここらへんまで笑顔で、これは楽勝とまだ疑っていません。
ところがこれは上手の計算通り。逆に王に追われることになります。
おそらく最善手は成銀を引いてきて、2五歩をかすめとり、飛車との連携で玉を下段に追い込む事ですが、アマ初段ではなかなか、その手は指せません。と金を作ろうと焦って、成銀は1二から2一へ潜るはめになります。(図2)
平手なら桂香取って戦果有りですが、あいにく八枚落ちでは、そこはただの空き地。
大事な銀が僻地で遊ぶ事になるわけです。このあとこの成銀の出番は終局までありません。この駒を活用して立て直せるくらいならアマ初段じゃないでしょう。
もちろん、まだまだ大優勢です。なにせ八枚落ちですから銀一枚くらい遊んだって、まだまだ大したことないです。しかし、さすがにアマ初段ですから、自分がやらかした事には気付きます。そして必要以上に悲観しはじめてしまえば悪手を連発することになります。
あわてて援軍を繰り出しますが、今度は上手の二枚の金が出てきて、玉も合わせて三枚でブロックされ、なかなかうまくいかず、逆用されたりして、いつの間にやら怪しくなっていくというわけですね。
灘九段にしてみたら、六枚落ちで、定跡通りくる相手よりも、よほど簡単な相手だったのかもしれません。
いやいや、アマ初段がそんな手に引っかからないでしょうと思うかもしれませんが、平常心で失えばすぐにこんなシナリオに嵌まるもんです。
というか平常心を保てる人はすぐに昇段してアマ初段で止っていないしね。

逆に、いやいや八枚落ちでも自信ありませんので、格好悪くてもこれでいきます!ってまるで二枚落ち定跡みたいな慎重な駒組みで指されたら、駒落ちの神様だろうと絶対に勝てないと思うのですが、なかなかそうできる人はいないんじゃないですか?

実際の勝負としては、やってはいけない類だと思います。...

質問した人からのコメント

2018/2/19 21:48:41

詳細に回答、ありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる