ここから本文です

「51歳なのに24歳と恋人に間違えられた!」 このキャッチコピーに心が動くものな...

アバター

ID非公開さん

2018/2/1509:23:07

「51歳なのに24歳と恋人に間違えられた!」
このキャッチコピーに心が動くものなんですか?

少し説明が必要ですね。
恋人という関係の人が大体の実年齢を知らないはずはなく、「24歳に見えます」と言ったとしてもそれは間違えたのではなくお世辞なのでしょう。
本当に間違えた(つまり実年齢を知らない)のならその二人は恋人関係ではないのではと思えます。
ちょっと想像力を働かせて、24歳ぐらいの恋人がいそうな男性(例えば自分の息子)と一緒にいるところを見かけた第三者が24歳と間違えてくれた、ということはありそうです。だとしたらキャッチコピーは少し下手ですね。瞬間的に印象が伝わらないようではコピーとしては二流です。
つまり、言葉として少し変なこのキャッチコピーは誇大広告なのではないかという疑念を簡単に生じさせるような気がするのです。

51歳なのに24歳と恋人に間違えられた!
このキャッチコピーにあなたは心が動きましたか?

補足コピーとしては失敗作という認識でまちがいなさそうです^^

BAは投票にしたいと思います。

閲覧数:
479
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gre********さん

2018/2/1523:48:45

意味がよくわかりませんでした

51歳の冴えないハゲオヤジが24歳のナースを恋人にした具体的な方法

とかだとクリック率上がりますね

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bot********さん

2018/2/1511:10:25

まず、文章そのものがキャッチコピーとしてはお粗末と感じます。
「24歳と恋人に」の部分の流れが悪い。

恋愛関係にあれば「痘痕も靨(あばたもえくぼ)」ということが有るのですから、なんらの感動もありません。
仰る通り「そりゃあ、お世辞に決まってるだろう」と感じてしまいますね。

「通りすがりのオバサンに、30歳も若く見られてしまった!」の方が余程「感動的」です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2018/2/1511:04:46

心は動かなかったですが、意味はすんなり伝わりましたよ。
要するに、
親子ほど年が離れているのに、恋人と見間違われるほど若く見えますよ、
という、おそらくアンチエイジング系の美容関連広告なのでしょう。

私の感想としては、意味がすんなり伝わり過ぎて、
何の驚きも感じさせないから、心が動かないのだと思います。
最近、あまり使われなくなりましたが、広告アプローチ手法のAIDMAで、
I(Interest)に相当する部分の引きが弱いからでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる