ここから本文です

交通事故の慰謝料は自賠責基準は通院日数計算で弁護士基準は治療期間での計算なの...

アバター

ID非公開さん

2018/2/1610:52:22

交通事故の慰謝料は自賠責基準は通院日数計算で弁護士基準は治療期間での計算なのでしょうか?いまいちわかりません。

回答お願いします。

閲覧数:
356
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roc********さん

2018/2/1621:05:39

損保会社で人身事故の担当者をしています。

自賠責保険基準における入通院慰謝料(傷害慰謝料)の算定方法は、簡単に(つまり、大雑把に)ご説明すれば、aj332kaさん、muteki_daさんのご説明のようになります。

※正確には、通院先、通院日の重複、最終転帰、他の損害項目の損害額、重過失減額の有無等を考慮しなければ、正しい算定はできません。



裁判基準(あるいは、弁護士基準)での入通院慰謝料(傷害慰謝料)は、傷病名・傷害の程度・入通院期間・実入通院日数等から算定されます。

裁判基準(あるいは、弁護士基準)と呼ばれるものには、複数の基準がありますが、日弁連交通事故相談センター発行の「交通事故損害額算定基準-実務運用と解説-(※通称・青い本)」の場合には、

入通院慰謝料表の金額に幅が設けられていますので、傷病名・傷害の程度の他に、治療内容等を考慮すべきとする考え方もあります。

青い本以外の裁判基準(あるいは、弁護士基準)でも、治療内容等を考慮すべきとする考え方もあります。



ネット等では、治療期間と実入通院日数のみで入通院慰謝料(傷害慰謝料)が確定するかのような情報が流布されていたり、他の情報を無視して機械的な慰謝料算定をするサイトもありますが、実際の入通院慰謝料(傷害慰謝料)の算定は、それほど単純なものではありません。



【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

アバター

質問した人からのコメント

2018/2/16 21:27:03

分かりやすい回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aj3********さん

2018/2/1612:12:10

自賠責基準とか弁護士基準とか言っているけれど、
弁護士基準や任意保険基準は過去の判例を参考に慰謝料の目安を入通院期間別の表にまとめたもので有り、金額は確定値ではなくあくまでも目安の値です。

自賠責は計算式{4200×(実通院日数×2と総治療日数のどちらか少ない方)}が有りますが、この計算式は支払限度額(総損害額120万円)以内の時だけ使える特殊な式だと考える必要が有ります。

いずれにしても、「慰謝料がいくらになるか」は治療が終わってから検討すれば良い事なので、治療中にいろいろ考えても実際に受け取れる慰謝料が判る訳ではありません。

mut********さん

2018/2/1611:58:50

>交通事故の慰謝料は自賠責基準は通院日数計算
実通院日数×2と治療期間を比べて少ない方で認定

>弁護士基準は治療期間での計算
弁護士からの請求は治療期間でされる場合が多いですが
通院日数も考慮されることになっています

プロフィール画像

カテゴリマスター

koi********さん

2018/2/1611:50:25

両方とも、治療期間と通院日数で計算します。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる